暖冬が一転・・・(1/25)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです。

暖冬といわれていた今シーズンの冬ですが、1月後半に入り一気に寒くなってきました。昨晩から今朝にかけては九州や中国地方などでも雪が積もるほどの大寒波だったそうですね。

当農園のある岐阜県平野部は、今朝の気温が-5度、雪も10センチほど積もっていましたが、昼間に晴れたこともありほとんど溶けていました。私は雪が好きなのでもう少し積もってほしいと思うのですが、30センチ以上積もると生活にも支障が出てきますよね…。ニュースを見ていると、積雪数十センチや1メートル以上などと聞いて驚きます。どうか運転や雪降ろしの際には気を付けていただきたいと思います。

さて、冬の柿畑ですが、相変わらず選定作業を中心に進めています。天気の良い日はほぼ毎日やっておりまして、ようやく6割ちょっと済んだところです。今回は剪定の簡単な説明と、写真を交えて畑の様子をお届けします!(画像をクリックすると拡大表示されます)


1/15の柿畑-001

1/15の柿畑です。澄んだ青空と白い雲を背景に枝の先端を撮りました。上に向かって伸びていく感じが気分も向上させてくれますね^^ さて、枝にはパッと見ただけで4つの芽が見えますね。その下にも小さな芽がいくつかあります。今はシンプルな1本の枝ですが、春にはそれぞれの芽から梢が伸びてきまして、次のようになります。


1/9の柿畑-005

様々な方向に枝が伸びています。1本の枝が、1年でこうやって大きくなっていきます。そして、これが翌年になると、さらに各枝から新しい梢が伸びてきます。枝は10本ほど出てきますので、何もしないと大変なことになります(笑) それを調整するのが剪定という作業です。


1/12の柿畑-001

剪定のやり方はいろいろありますし、畑や木の状態によっても変える必要があります。基本的にはまず太い枝を決め、先端から細かい枝の整理をしていきます。先端はできるだけまっすぐに伸ばし、先端から根元までを見たときに葉っぱのような形になるようにすることが大切です。この枝はまだ混んでいるのでもう少し切る必要がありますね。

写真では爽快な青空ですが、先週あたりから夕方の冷え込みが増してきました。風の強い日は寒いというより痛いレベルですね。今月中旬からスノーボードのウェアを着て作業してみました。これが大正解で、全く寒くなくて快適です♪ ちょっとダボッとしているので見た目はイマイチですが(笑)


1/21の柿畑-001

1/21です。前日夜に15センチほど積もったのですが、昼に晴れてあっという間に溶けてしまいました。


1/15の柿畑-002

1/25です。気温は0度ほどだったと思いますが、昼過ぎにはもうこんなに溶けてしまいました。


1/15の柿畑-001

同じく1/25です。よく考えると、人間はコタツで震えている季節です。自然のまま耐えている植物ってすごいですよね。生育の仕組みを詳しく学ぶと、本当に生き物ってすごいなと思います。少しでもお伝えできたらと思います。

さて、剪定は2月いっぱいまで猶予があります。その間に肥料をやったり、租皮削りといった作業があります。あ、確定申告もありますね(笑) バタバタと過ぎてしまいますが、どうか寒さに負けないで健康にお過ごしください!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com
————————————————————————————————

広告

明けましておめでとうございます(1/9)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです。

ブログ更新が少し遅くなりましたが、改めまして明けましておめでとうございます! 今年もどうかよろしくお願いいたします。

今年も農家としての仕事を一生懸命やるのは当たり前ですが、より高いレベルの農業の勉強や、サイト作り、情報発信も頑張ります! 私は農家とはいえ販売もしているのでサービス業でもあります。お客様の立場を意識し、喜んでいただけるよう心がけたいです!

さて、ブログ更新は今年初ですが、作業はもう始まっています(曇りが多くよい写真が撮れませんでしたので更新が遅れました)。現在は剪定(せんてい)という、枝を切る作業をしています。

説明と一緒に、冬の柿畑をご覧ください。


1/7の柿畑-001

今年最初に撮影した写真です。葉っぱが落ちた柿の木は、休眠期に入っています。柿の木は毎年成長し、たくさんの枝が伸びてきます。まるで枝が剣山のように伸びています。この伸び放題の枝を整理するのが剪定という作業です。

もう少し厳密にいうと、樹形を整え、木の勢いと着果量を調節する作業です。


1/9の柿畑-001

まずは、樹形を整えるため、木全体を見て、伸びすぎたり曲がっている大きな枝をバサリと切っていきます。


1/9の柿畑-002

太い枝を切った部分には、薬を塗ります。傷口の癒合を促したり、害虫の侵入を防ぐためです。薬といっても、人工のかさぶたです。木工ボンドでも大丈夫です。

余分な太い枝を切った後は、細い枝に移ります。枝にもいろいろな種類があり、それぞれやり方があるのですが、それはまた次回にお話しします♪


1/9の柿畑-003

ある程度作業が終わるとこんな感じ…、と説明したかったのですが暗くなってしまいました(笑)

あまり細かい作業の話をしても盛り上がりに欠けると思いますので、最後に今年の花芽のアップを載せます。


1/9の柿畑-004

空に向かって伸びている枝を見ると、気持ちも上がってきます。青空だったらもっといいのですが…。剪定は2月末まで続きますので、次回にご期待ください!

それでは、今年もよろしくお願いいたします。暖冬とはいえ、どうか寒さにはご注意ください。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com
————————————————————————————————