柿の赤ちゃん、すくすく生育中!(2016/6/18)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです。

6/4に梅雨入りした東海地方ですが、今日は猛烈に暑い日となりました。昨日も30度以上ありましたが、今日はすぐ近くの揖斐川町で34度を記録したそうです。まだ体が慣れないためか、暑い中での作業は疲れます(笑)

まだ梅雨真っ只中ですのでしばらくは雨や曇りが多いと思いますが、もう夏が迫っていますね。夏は楽しみですが、気が付けば今年ももう半分も過ぎてしまうと思うと焦ってきます! 日々に追われているときこそ、一歩一歩、できることからしっかりとこなしていきたいです。

さて、それでは生育中の富有柿の様子をお伝えします(画像をクリックすると写真が拡大されます)。


2016/6/9の柿畑-001

6/9です。前回のブログで今年最初の柿の赤ちゃんを紹介しました。まだヘタの中にちょこんと納まっている程度の大きさでしたが、それから2週間でどんどん成長しています。7月までの富有柿は細胞分裂で成長します。ヘタももう少し大きく広がっていきます。


2016/6/9の柿畑-002

同じく6/9です。当たり前ですが、生育には個体差があります。柿はヘタから成長ホルモンをたくさん受けるので、このようにヘタが大きい富有柿は大きく生育することが期待できます。逆に、果実が大きくてもヘタが小さいものや虫に食われたものはうまく生育しません。


2016/9/の柿畑-003

同じく6/9です。今日見た中で、特に大きかったものを撮影しました。隣のIphone5Sと比べると、すでにかなり大きいことが分かります。順調に生育すれば、富有柿ではかなり大きい3L~4Lになると思います。


2016/6/14の柿畑-001

6/14です。梅雨で曇りや雨が多いですが、久しぶりのいい天気でした。青空と白い雲の背景は本当に美しいと思います。少し離れて見ても、小さな赤ちゃんがいくつか見えますね。風通しもよく、気持ちよさそうです。すくすくと成長するのを願う毎日です。


2016/6/14の柿畑-002

同じく6/14です。並んで撮影しました。手前の柿には、表面に少し傷があります。生育や味には全く影響ありませんが、少し見栄えが悪くなります。弊農園の人気商品、「ちょいワル柿」にはこのような富有柿が入っています。販売開始は9月からを予定していますが、少し宣伝しちゃいました(笑)


2016/6/18の柿畑-001

6/18です。ヘタもまだ生育していますが、それを上回るスピードで果実が大きくなっています。7月にはヘタより果実が大きくなるほどです。枝もかなり茶色くなり、大人の枝になってきました。


2016/6/18の柿畑-002

同じく6/18です。とても形のいい富有柿を発見したのでズームして撮影しました。ちょっと大きく撮りすぎてしまいました(涙) 喜んで焦ってしまった結果ですね。構図や顔はいいと思ったのですが・・・(笑)

さて、ジメジメした梅雨もあと10日ほどだと思います。夏を待ち望みつつ、頑張っていきましょう! それでは皆さん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com
————————————————————————————————

広告

2016年の柿の赤ちゃんお披露目(2016/6/5)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです。

6月に入りました。昨日(6/4)、東海地方も梅雨入りし、昨晩は小雨が降っていました。カエルの鳴き声がいつも以上に響いていました。この週末は地元でホタル祭りもあったり、書店では花火の特集があったりと、今年もどんどん過ぎているなぁと実感します。

そんな中、ようやく先週前半に摘蕾の1周目が終わりました。開花より少し遅くなりましたが、昨年より面積も増えていることからそれなりに頑張って作業できたと思います(手前味噌ですが…)。翌日より、2周目に入っています。

さて、今回は今年の柿の赤ちゃんのお披露目をしたいと思います! 実は、開花が終わるとすぐに顔を出してくるのですが、前回は内容が盛りだくさんだったので出せませんでした。ようやくお披露目できます。

それでは早速、写真を並べていきますね(画像をクリックすると写真が拡大されます)。


2016/5/27の柿畑-001

5/27です。前回、開花した富有柿の薄黄色い花をご紹介しました。その花は、わずか数日で徐々に茶色くなっていき、1週間もせずにこのように茶色く枯れてきます。枯れた部分は根元から取れてきて、中から柿の赤ちゃんが顔を出します。

この花は枯れると取れやすくなるので、フッと息を吹きかけたり、手でつまむと簡単に取れます。

取ってみると・・・


2016/5/27の柿畑-002

中からまだ1センチほどの柿の赤ちゃんが出てきました。写真はかなりアップして撮影しているので大きく見えますが、蕾全体でも4センチほど。赤ちゃんは小指の爪ほどの大きさです。


2016/6/1の柿畑-001

6/1です。もうほとんどの蕾が既に開花を終え、次々に今年の富有柿を見ることができます。


2016/6/1の柿畑-002

晴れるとキレイに撮影できますね。屋外ですし、特別な撮影機材もないので、写真の成否は天候に大きく左右されます(笑) 風が強いと接写が上手くできず、何度も取り直ししています。


2016/6/2の柿畑-001遅れ花

6/2です。この日より、摘蕾は2周目に入りました。4月末よりスタートした摘蕾ですが、最初にやった個所は取り終えた枝の先端から、さらに3つ~4つほど蕾が出てきます。その蕾を遅れ花や孫花といいます。富有柿の場合は、遅れ花にはいい果実は生育しないので、こちらもすべて取り除きます。また、やり忘れている個所もありますので、2周目でしっかり見直しします。


2016/6/4の柿畑-001

6/4です。2周目の作業をしながら、Iphoneと並べてみました。まだまだ小さいですが、それでも毎日着実に成長しています。この時期の富有柿の果実は、細胞分裂で大きくなります。摘蕾でしっかりと数を減らしているので、分裂に必要な栄養が残った果実に集中してくれます。


2016/6/5の柿畑-001登熟

さて、枝のほうに目をやると、緑色だった新梢が徐々に茶色くなってきました。枝も大人の木に変わっていきます。これを登熟(とうじゅく)といいます。梅雨に入ると病害虫の発生が増えるので、木も大人の枝に変化する必要があるのですね。


2016/6/4の柿畑-001

夕方に撮影しました。今年も元気に育ってくれることを祈っています。ところで、蕾の開いた部分を見てください。4枚の葉っぱのようになっています。もうお分かりかと思いますが、この部分はヘタになります。ヘタは果実の呼吸を助けたり、ホルモンを出したりして柿の生育には欠かせません。まだヘタの中にある小さな果実が、秋には手のひらいっぱいの大きさにまで生育します。ほんと不思議ですね。

さて、摘蕾はもう少し続きます。地味な作業ですが、脚立の上り下りや手を上げっぱなしにしているので意外と疲れます(笑) あと少しでひと段落です。頑張ります! 

それでは今日はここまでです。今年の富有柿の生育をどうか楽しみにお待ちください! 皆さん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com
————————————————————————————————