お盆前に台風が直撃し焦りました(2017/8/14)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです。

もう8月も中旬となり、世間ではお盆休みですね。先ほど、家族・親族と共にお墓参りに行ってきました。ご先祖様とのつながりを意識しますね。人生80年は一人の時間だと長いように感じますが、歴史を感じるととても短く感じます。お墓の前で自分のルーツを意識すると、感謝や精進する気持ちが自然と溢れてきますね。

さて、日中はまだ33~35度と暑いですが、あんなに激しかった蝉しぐれもだいぶ落ち着いて、朝晩は少し涼しさを感じる日もたまにあります。お盆を過ぎると秋の気配が近づきますね。柿も順調に生育しております!

そして、2017年度の富有柿の販売スケジュールですが、今年は9月中下旬の予約販売開始を予定しています! どうかよろしくお願いいたします。8月末には正式に告知いたしますので、もうしばらくお待ちください。また、すでに何件かお問い合わせをいただいております。まだ収穫まで3か月もありますのに、本当に嬉しいです。ありがとうございます。そんなお客様のご期待に応えられるよう、今年後半の作業も頑張ります^^

それでは8月上旬の柿畑の様子をお届けします!!(画像をクリックすると写真が拡大されます)


2017/8/1の柿畑-001

8/1です。先月は日差しこそ強いものの快晴という日が少なかったように思いますが、ようやくキレイな青空を背景に撮影することができました。8月は時々雨を挟みつつ、よい天気が続いています。


2017/8/1の柿畑-002

同じく8/1です。充実した来年の芽も生育中です。早い摘蕾、摘果により、来年の準備もしっかりとできているように思います♪


2017/8/11の柿畑-001

迷走していた台風5号が北上をはじめ、8/7に岐阜県へ接近する可能性が高くなってきたので早めに支柱を立てていました。支柱を立てることで台風による枝の折れを防いだり、主枝や亜主枝の先端を高く保つことで樹勢を強く維持できます。

支柱の立て方は何種類かありますが、その1つが1本の柱から複数のひもで吊るやり方です。吊り上げる枝が近くにたくさんある場合にはこのやり方がいいですね。複数の枝の中心に支柱があるので強度的にも強いです。デメリットは設置時間がかかることと、ひもが余ると葉や実を傷つけるので固定する必要があることでしょうか。

このような支柱を木の主幹(木の中心)付近に立てるやり方もあります。安定感があり強度的には最強ですし、草刈りなどにも支障はありません。ただ、作業がやりにくいことや、通年で立てっぱなしなのでひもの管理を怠ると春~夏の生育期に枝への食い込みや葉に傷をつけることも多いのがデメリットです。


2017/8/11の柿畑-002

こちらは1本の支柱で主枝や亜主枝を支える方法です。設置は非常に簡単で、任意の場所にすぐ立てられます。デメリットは不安定なので強烈な台風には弱いことと、支柱の数が増えて草刈りがやりにくくなることです。

どれも一長一短ですが、やらないよりは絶対にやった方がいいと思います。


2017/8/6の柿畑-001

8/6です。支柱を立てながら撮影しました。この時期はあまり大きくなりませんので、多分来月に入るまでは同じような写真が続きます(笑)


2017/8/6の柿畑-002アメリカシロヒトリ

支柱を立てているときに、アメリカシロヒトリを発見しました。非常に強烈な繁殖力を持つ虫で、葉っぱを食い尽くしながらあっという間に広がります。近隣の農家さんの畑で見かけていたので注意していました。早く発見できてよかったです。枝を切除し焼却処分しました。


2017/8/8の柿畑-001

8/8です。台風5号が8/7の夜に通過しました。勢力は当初より弱くなっていましたが、中心が岐阜県を通過したのは数年ぶりではないかと思います。夜はハラハラしていましたが、風より雨の方が強かったですね。翌日、畑をすべて見回りました。このような枝はたくさん折れていましたが(1反につき10~15本ほど)、大きな被害はなくホッとしました。


2017/8/8の柿畑-002

1本だけ主枝クラスの枝が折れていました。これだけで済んでよかったと思います。また、この枝は途中で樹幹害虫に食われている枝だったので、折れやすかったのでしょう。ただ、秋になると果実の重みでもっと大きな被害が出やすくなります。もう何年も秋の台風直撃はありませんが、いつかはやってくるのだと覚悟はしています。自然相手なので限界はありますが、対策だけは怠らないようにします!


2017/8/11の柿畑-001

8/11です。大きな柿を発見したのでスマホと並べて撮影しました! と思ったら、前回のブログに載せたのとあまり変わりませんでしたね(笑) 柿の生育第2ステージは内部でタネが大きくなる時期で、果実はあまり大きくなりません。柿農家としては少し不安になりますが、大丈夫です^^ 次の生育ステージは9月中旬~です。


2017/8/11の柿畑-002

6月に針金で枝を曲げていたのを覚えていますか? 柔らかかった緑色の新梢ですが、このように茶色く硬くなりました。もう外しても大丈夫です。来年どんな柿が実るか楽しみですね♪


2017/8/13の柿畑-001

8/13です。真夏の強い日差しの中、少し遠くから見ても緑色の柿がわかるようになっています。収穫までは期待と不安が交錯しますが、どうか美味しく育ってほしいと思います!

それでは、今回はココで終わります。お盆休みはゆっくりできたでしょうか? まだまだ暑さが続くと思いますが、熱中症には引き続きご注意ください。それではみなさん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com
——————————————————————————–

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中