2017年もありがとうございました!!(2017/12/31)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです。

早いものでもう2017年も大晦日です。今年の最後の更新となります。忙しいと思っていても日々はどんどん過ぎてしまいますね^^; お陰様で今年も何とか無事に年が越せそうです。どうもありがとうございました!!

ネット販売を始めて4年目となりました。剪定や摘果のやり方を変更したおかげか、今年の富有柿は美味しくできたと思います。半面、なんといってもヘタスキという生理障害が多発し、思った以上に廃棄処分が増えて面積あたりの売上は大きく減ってしまいました。10月の降水量が平年の4倍ほどあったということで、仕方がないとはいえ、一部の商品は発送ができるかどうかもハラハラしました(今年は全国的にかなり不作だったようです)。

また、アンケートや感想のメールもたくさんいただきました。「今まで食べた柿の中で一番美味しかった」や「美味しすぎてリピートしました」といったご感想はガッツポーズをするほどありがたいですし、「対応がよかった」「発送状況が分かりやすかった」なども工夫してよかったと思いました。たくさんのご意見をいただきまして、ありがとうございました! 通販サイトを運営しているということは、全国の柿農家さんがライバルですし、農業だけでなくサービス業でもあります。栽培だけでなく様々な面でより満足していただけるよう頑張りますので、来年もよろしくお願いいたします!!

昨日、中学の同窓会がありました。40歳記念ということで大勢集まり、たくさんの友人と会えました。みんなそれぞれが立派に活躍していて、とても刺激を受けました。思い出を楽しむだけでなく、胸を張って再会できるよう、もっと頑張らないといけませんね!

さて、今年の富有柿の収穫・発送が終わって、少しお休みをいただきました。柿は秋の果物ですが、来年に向けた作業が徐々に始まっています。そんな年の瀬の柿畑や農園の様子をお伝えいたします!!(画像をクリックすると写真が拡大されます)


2017/12/6の柿畑-001

12/6です。1つだけ残しているのは取り忘れではありませんよ(笑) 今年も無事に収穫できましたので、神様への感謝のお供えです。木守柿(きまもりがき、こもりがき)といいます。


2017/12/6の柿畑-002

同じく12/6です。畑には大量の落ち葉があります。葉っぱはそのまま堆肥として使いたいのですが、落葉病をはじめとした病原菌が残っています。そのまま残すと、来年に発生しやすくなるため処分しなくてはいけません。収穫後の最初の作業はこの葉っぱを集めて燃やすところから始まります。


2017/12/15の柿畑-001

12/15です。集めるときはブロアーという機械を使います。風で葉っぱを吹き飛ばすので簡単そうに見えますが、草が長いと引っかかってなかなか取れません。収穫期前に草を刈っても、長いともう15~20センチほど生えています。送風口を草の根元まで近づけ、何度も往復させて吹き飛ばします。それでも熊手でやっていたころと比べると段違いで楽になりました^^


2017/12/15の柿畑-002

集めて燃やし終わると見違えるほどにキレイです♪


2017/12/11の柿畑-001

日付が前に戻って12/11です。試験的に袋掛けをした富有柿を作ってみました。他の果物でもありますが、袋掛けすることで色づきを遅らせることができます。通常より1か月ほど遅く収穫できます。ただ、冷えすぎると凍傷にかかることもあので、12/12が氷点下の予報だったので収穫しました。


2017/12/11の柿畑-002

真っ赤でとてもキレイにできていました! 袋掛けすることで、柿の表面の白い粉(ブルームといいます)がしっかり残っています。硬さは普段発送しているものよりは少し柔らかい程度の食べごろでした。


2017/12/11の柿畑-003

裏側もキレイです。全体的には上手くできましたが、ブルームをできるだけ落とさないように収穫し、発送しなければいけないので作業のやり方もだいぶ違います。商品化するかどうかは未定です(笑) 富有柿は11月が中心ですが、12月でも上手く保存して販売できる方法を模索しています。


2017/12/27の柿畑-001

12/27です。今年2回目の降雪があり、少しだけ積もりました。晴れてくるとすぐ解けてしまいますが、太陽に照らされた雪景色はとてもキレイですね♪


2017/12/27の畑-002

同じく12/27です。奥に映っているのは夜景スポットで有名な池田山です。山裾まで雲がかかって神々しい雰囲気でした。


2017/12/27の柿畑-003

同じく12/27です。そろそろ剪定を始めようと思っていましたが、雪が降ってしまったので年内の作業は終了となりました(笑)中央のビニールシートには堆肥が入っています。屋外作業がなくなったので、確定申告の準備などをしていました。


2017/12/30の柿畑-001

12/30です。こちらでも堆肥を準備しています。弊農園では岐阜笠松競馬場の競走馬の馬糞モミガラ堆肥を使用しています。競走馬は栄養たっぷりで健康や安全面にも配慮された餌を食べています。そんな堆肥が微生物の餌となり土を豊かにしてくれます。肥料に関してはまた来年説明します。


2017/12/30の柿畑-002

12/30です。冬の柿の作業では剪定が一番大切です。このように柿の木はたくさんの新しい枝を生やします。太い枝は樹形を維持発展させ、細い枝は適度な数に減らすことで、採光性を高めたり病気になり辛い形になります。剪定は年明けから2月中に終わらせなくてはいけません。私は剪定作業が好きなので早くやりたくてウズウズしています(笑)

柿は秋の果物ですが、年間を通して作業が続きます。とはいえ、作業に追われていても進歩はありません。作り手として少しでも向上できるよう勉強や研究を重ね、来年も今年以上の品質とサービスを提供できるようにしないといけません。ネット販売をやろうと決めたときの決意、初めてご注文をいただいたときの嬉しさを忘れずに来年も頑張りますので、どうかよろしくお願いいたします。

それでは今年もたくさんのご注文をいただきましてありがとうございました。心より感謝申し上げます。そして来年もよろしくお願いいたします。皆様、どうかよいお年をお迎えください!(^^)/

でらうま柿農園 富有柿.com    ネット販売担当 後藤貴則

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com
——————————————————————————–

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中