今年も柿の赤ちゃんが顔を出しました~(2018/5/30)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです。

5月も終盤ですね! 今日は雨で涼しいですが、徐々に蒸し暑い日が増えてきましたね。東海地方も梅雨入りが迫っているようです。

さて、柿農家にとっては11月の収穫期に次いで忙しい5月です! 摘蕾(てきらい)という蕾を間引く作業がようやく終盤に入ってきました。忙しい時期ではありますが、蕾が膨らんで開花して、そのあとには今年の柿が顔を出す時期でもあります。前回のブログで開花までをお届けしましたが、今回は開花から、いよいよ今年の柿の赤ちゃん登場までをお伝えしたいと思います!!(^^) たくさん写真がご用意できましたので、楽しんでいただけたらと思います(画像をクリックすると写真が拡大されます)


2018/5/16の柿畑-001

5/16です。去年は5/23辺りが開花最盛期だったと思うのですが、もう最盛期を迎えています。そして、薄黄色の花は徐々に枯れていきます。


2018/5/19の柿畑-001

5/19です。もう少し経つと、このように茶色くなってきます。柔らかかった花も硬くなりパリパリした海苔のような感触になります。ん~、海苔よりはもう少し厚みがありますがなんとなくそんな感じです(笑) 5/18に最後の畑(2反ちょっと、約700坪)の摘蕾に入っています。
 


2018/5/19の柿畑-002

この日は風がかなり強く、途中から高いところの作業は危険だと判断してやめにしました。毎年、この時期には風の強い日が何日かあります。枝や新梢がよく折れています。


2018/5/19の柿畑-003

もうほとんどの蕾が開花しています。序盤は片手でも簡単に折れた蕾ですが、もう硬くなっています。親指や人差し指で押し曲げて、「ペキッ」と音がしたらつまんで引きちぎるように取るので2倍の時間がかかります。「もっと早くやっていれば・・・」といつも思います(苦笑) ところで、手前の枝には70個の蕾がありました。それを摘蕾では7個までに絞り、最終的に残す数は5つです。贈答品でも訳あり商品でも、お客様に届く柿の果実はそんな選別に勝ち残った柿ばかりです(*^^)v


2018/5/21の柿畑-001

5/21です。枯れた花が取れかかっていますね! それではこの花を取り除きましょう。すると・・・ 


2018/5/21の柿畑-002

お~~! 今年の富有柿の赤ちゃんが顔を出しました!!!ヽ(^o^)丿 まだとても小さいですね。知らなかったら柿ってわからない感じです。


2018/5/22の柿畑-001

5/22です。ちょっとイケメン風に撮りました。本来は下向きに残しているのですが、少し持ち上げると陽もあたり映り方がいいですね。あ、イケメンと書きましたが、柿は雌花に実るので美女ですね(^^ゞ 立派に育ってほしいです。


2018/5/25の柿畑-001

5/25です。手で触りながらパシャリ♪ まだ果実は1センチあるかないかです。ヘタの方が大きいですね。これが6月末には何倍にも大きくなります。富有柿は開花から約1か月間は細胞分裂で生長し、その後は細胞肥大で大きくなります。細胞分裂期に摘蕾が終わっていると、残された果実に十分な栄養が供給され、細胞数が多くなります。その結果、大きな柿になります。


2018/5/25の柿畑-002

同じく5/25です。この日の午前中に摘蕾1周目が終わりました~! そして昼から2周目に入りました。4月下旬に摘蕾をした畑では、まだ小さすぎて取れなかった孫花、遅れ花の摘蕾が中心となります。もう孫花も開花していますね。同時に、摘蕾忘れと奇形果のチェック(ところどころにあります)、伸びて混んだり果実に傷つける可能性のある枝を切っていきます。


2018/5/27の柿畑-001

5/27です。毎日見ていても、どんどん大きくなっているのが分かります。ちょっと前に撮影したものと比べてみましょう。


2018/5/17の柿畑-001

ちょっとピンボケしていますが、5/17に撮影した今年最初の柿の赤ちゃんです。まだ5ミリほどでした。


2018/5/28の柿畑-001

5/28です。連休序盤にやっていた畑の2周目です。まだ3つほど並んでいますが、連休後半にやっていたところからは徐々に孫花も取り始めているので多くても2つしか残っていません。どんどん残っている蕾の数は減っていくので、ペースも急上昇です!


2018/5/15の柿畑-001

そういえばミツバチの写真を載せ忘れていました。これは開花真っ盛りの5/15です。


2018/5/16の柿畑-001

5/16です。正面からです。何気ない写真ですが、ミツバチが1つの花に止まっているのは10秒くらいです。これでも多少は光の向きや構図などを考えて撮影していますので、逃げられてしまうことが大半です(+o+)


2018/5/16の柿畑-002

ちょうど逃げられるところです(笑) 摘蕾を終わらせた枝でないと見栄えが悪いのですが、摘蕾が終わったということは花がほとんど残っていませんのでハチが来る確率もかなり減ります。ハチが来るのを待つ時間がかなりあります。また、摘蕾自体がたくさん残っているので、撮影時間はわずかです。でも、いい写真が撮れるとそんな苦労も吹き飛びますね(^^)


2018/5/29の柿畑-001

5/29です。ん~、すくすく成長していますが、まだとっても小さくてカワイイです。葉っぱも濃い緑色になってきました。富有柿は開花期より根の養分吸収が始まり、本格的に光合成が始まります。

さて、摘蕾2周目は全体の1/4ほど回りました。孫花がたくさん残っている個所はあと2日もあれば終わりそうです。また、弊農園では摘蕾でも残す数を少なめにしていますが、2周目ですでに摘果に近づけるようもう少し減らしています。早い段階でたくさん減らすことは6月の生理落果が心配でもありますが、少しでもよい味にできたらと思っての作業です。

摘蕾~生理落果~摘果に関しては次回にまた詳しくご説明します! ところで、5月中旬~下旬にかけて風邪を引きました。咳がひどくてなかなか大変でした。暑い日が多いですが、気温の変化が激しい季節です。どうか体調管理には気を付けてください。それではみなさん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com
——————————————————————————–

広告

今年も富有柿の開花が始まりました~(2018/5/14)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです。

5月も半ばになりました。今年も夜になると「ゲコゲコ~」と少し離れた田んぼからカエルの鳴き声が聞こえてきます。早いものですね。

昨日は母の日でした。あいにくの天気ではありましたが、柿農家は摘蕾でとても忙しい時期です。毎年、この時期は休みもなく疲労も溜まってきて何もできないのですが、昨日は雨で休みだったので家族でゆっくりご飯を食べることができました。感謝の気持ちはあっても口にしにくいものですので、こういう日があるのがありがたいです♪

さて、今年は早くも開花が始まっています。柿農家以外にとっては超レアな富有柿の蕾~開花の写真をご用意しました。楽しんでいただけたらと思います!!(画像をクリックすると写真が拡大されます)


2018/5/5の柿畑-001

5/5です。蕾が大きくなって少し開いてきました。奥に花がチラリと見えますが、わかりますか?

蕾もある程度の大きさになると、形のよしあしがわかり選別しやすくなります。まだ柔らかくて簡単にペキペキと取れます♪ そして左上には孫花、遅れ花とよばれる遅れて膨らんでくる蕾もありますね。こちらももう取れる大きさなので、作業がやりやすい状況です。しかし、今年は暖かくて生育が1週間ほど早く、一番やりやすい時期が連休後半と重なってしまい思ったより作業は進みませんでした(汗)


2018/5/8の柿畑-001

5/8です。みるみると開いてきました。奥にはまだ閉じていますが花が見えます。この4枚の葉っぱのような部分、これがこのまま開いていって、柿の4枚のヘタになります。ヘタは果実の生育にとって大切な器官です。1枚でも枯れたりちぎれたりすると、上手く育ちません。そのため、摘蕾の中盤~終盤ではヘタが4枚とも大きくて形のよいものをしっかり見極めて選別します。


2018/5/8の柿畑-002

5/8です。前日は雨でした。今年は毎週雨が降っています。摘蕾が終わるとこのようにスッキリして風通しもよくなります^^


2018/5/5の柿畑-001

5/10です。まだ多くの蕾はこんな感じですが、早くも開花したものを発見しました! 摘蕾はようやく半分近くまで進みましたが、だんだん硬くなってきます。内心はめちゃくちゃ焦ってきています・・・!


2018/5/10の柿畑-002

同じく5/10です。風が強くて枝がしなっています。この時期は穏やかな気候が多いですが、風の強い日が時々あります。高いところで作業しているときは転落しないよう注意しながらやっています。


2018/5/11の柿畑-001

5/11です。花が開き始めてきました~。なかなか見られない、開きかけた富有柿の花です。


2018/5/11の柿畑-002雄花

同じく5/11です。おや? こちらはちょっとおかしな形ですね。花が3つ並んで1セットです。実はこれ、柿の雄花です。雄花はこのように3つで1組になっています。でも全部が3つ1組ではなく、2つのものや単独のものが同時にあったりします。また、品種によっては雄花と雌花を両方つけるものなど様々です。たいていの柿畑には1反(300坪)につき1、2本植えられています。ちなみに、富有柿は雌花しかつきませんが、過去に1度だけ雄花が発見されたことがあるらしいです。


2018/5/11の柿畑-003

このようにミツバチなどの昆虫が飛んできて、花粉を雌花に運んでいきます。富有柿は受粉しなくても柿が実りますが、受粉していない果実は生理落下といって自然に落ちてしまう確率が高くなります。受粉していないと種が入らないので食べやすいですね^^


2018/5/11の柿畑-004ミツバチ

ミツバチは自然にもたくさんいますが、開花時期になるとJA岐阜の農家さんの柿畑にはこのようなミツバチの巣箱が置かれます。ミツバチの行動半径は広いので、JAさんに出していない農家さんの柿畑にもたくさんのハチがやってきます。小さなハチですが、たくさんやってくると畑全体が羽音に包まれてけっこうな音がします。

それではお待たせいたしました! 今年の富有柿の開花した写真をお届けします~。


2018/5/14の柿畑-001

5/14です。薄黄色の富有柿の花です。弊ブログでは毎年お伝えしていますが、柿農家以外ではなかなか見ることのできないものです! 今年は5/9に最初の開花を発見しまして、本日は至る所で開花しています。最盛期が目前です!


2018/5/14の柿畑-002

少し横からパシャリ。今後、1週間もしないうちに花が枯れて落ちます。その中から今年の柿が顔を出します! また、ヘタも開きながらもう少し大きくなります。ここからどのように柿の姿になっていくか、想像するのも面白いですね♪


2018/5/14の柿畑-003

3枚目です。できるだけ近寄って撮影しました。花の奥に見えるのが今年の富有柿です。見えますか? まだ1センチもありません。

この蕾は発芽から開花までに猛烈に大きくなり、果実のモトもこれから一気に生長していきます。枝や葉も広げながらですので、限られた養分を無駄にしないよう、摘蕾で残した蕾に集中させることが美味しい柿づくりには大切です。摘蕾作業はようやく7割ほどです。来週半ばには2周目に入れるよう頑張っております。

次回には今年の柿の赤ちゃんを紹介できると思います。どうか楽しみにしてください。それではみなさん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com
——————————————————————————–

ちょっとマニアックですが、富有柿の摘蕾説明 (2018/5/2)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです。

今年も5月に入りました。連日暑い日が続いていますね。ゴールデンウィークということで、お休みの方も多いかと思います。日頃の疲れを癒したり、家族でお出かけなど楽しみがありますね♪

柿農家にとっては4月末より摘蕾(てきらい)という作業が始まるので、毎年5月の連休はあまり関係ありません。それでも少しは時間を取ってこちらに帰省した友達と会ったりしていますが、今年は暑さで生育が普段より早く、完全に仕事モードとなっています。ただ、今日は昼から雨が降ってきたので作業はお休みです。そこで、簡単ではありますが摘蕾の説明をしたいと思います。摘蕾の説明と連休の柿畑の様子をお伝えいたします!!(画像をクリックすると写真が拡大されます)


2018/4/25の柿畑-001

4/25です。まだ4月なのに葉も草も生い茂っています。摘蕾で朝から夕方まで外にいますので、私はすでに真夏並みに日焼けしてきました。


2018/4/25の柿畑-002

同じく4/25です。澄んだ青空と新緑の葉。毎年見ていますが、キレイだな~と思います。曇りだと当然撮影できませんが、晴れの日でも空が透き通ってないと上手く撮影できません。そして今回はこんな写真がたくさん撮れたのですが、摘蕾の説明をするためたくさん写真が必要なので控え目にします(涙)


2018/4/25の柿畑-003

枝を拡大していくと、葉っぱと新梢の間にはこのように蕾が並んでいます。この蕾が今月半ばに開花し、今年の柿になっていく部分です。この蕾は新梢1本につき、少ないものだと3個、多いと7個ほどつきます。その新梢は1本の結果母枝に数本~10数本あります。すべての蕾に柿が実ると1本の結果母枝に何十個もできてしまいますね。

1本の枝に何十個も実って、それが全部大きくて甘い柿なら農家もウハウハなのですが、残念なことに何もしないと小さくてまずい柿ばかりになってしまいます。小さくてまずい柿がびっしりと実るだけでなく、木も栄養が不足してしまい来年の成育が悪くなります。

それらを防止するため、蕾の数を制限して残った果実に養分を凝縮させ、木もたくさんの栄養を残して来年も立派な柿を作れるようにする作業、それが摘蕾です。収穫までまだ半年もありますが、とても大切な作業です。同時に、柿農家にとっては繁忙期に次ぐ忙しい時期でもあります。


2017/5/4の柿畑-001

まず、残す蕾の位置から説明します。これは昨年の写真ですが、蕾はこのように様々な向きについています。残す蕾は立派な柿になりやすい場所のものを選ばないといけません。まず、上向きのものは日焼けしてしまうので問答無用で取ります。少し下向きのもので、できるだけ新梢の真ん中辺りに近いものを選択します。


2017/5/4の柿畑-002

こんな感じの位置だと日焼けもしにくいですね♪ さて、実際には、新梢はもっと何本もあるのが普通です。根元に近いものは挟まれて傷つきますので取ります。


2018/5/1の柿畑-001

摘蕾が済んだ枝を上から見ています。まるで囲ってある部分に蕾が残してあります。左から伸びている茶色い枝が結果母枝で、緑色の枝が新梢ですね。新梢は水平面だけでなく上下にもたくさん出ています。上向きの新梢は蕾も上向きになりやすいので、日焼けになりやすいため私はあまり残しません。また、下向きのだと光があまり入らないので、これもあまり残しません。そして、新梢の先の方で、外向きの蕾だと隣接する枝や果実とぶつからなくて傷がつきにくいですね。

次に残す蕾の数ですが、まず、富有柿では新梢(柿が実るので結果枝といいます)1本につき1つまでです(品種によって残す数は違います)。また、すべての結果枝に1つずつ残すのではなく、収穫時の数を参考にしながら調整します。収穫数の目安は結果母枝(茶色い枝)が10センチを超えるにつき1個なので、30センチ強なら3個、50センチ強で5個となります。摘蕾ではその数より1~2個多めに残します。そして6月下旬~7月半ばに、この中から最後の選別をします(摘果といいます)。

摘蕾で残す数は農家さんで多少差があります。もう少し多く残す農家さんの方が多いと思います。逆に、少数ではありますが最初から収穫量にしてしまう方もいます。面積や労働力、農法、販売先などの条件で変わってきます。


2018/5/1の柿畑-001

さて、この真ん中の蕾がいい位置になるので残そうと思ったら、よく見るとガク片が3枚しかありません。このように3枚や5枚のものがたまにあります。蕾が大きくなってきたら、形もよく見ながらやるといい柿がたくさん残りますね^^


2018/5/1の柿畑-002

これはまっすぐ上向きに伸びた枝です。箒枝(ほうきえだ)という名前の通り、無数の新梢(結果枝)が伸びていますね。蕾も真ん中辺りはとてもたくさんあって1本やり終えるのにかなり時間がかかります(笑)


2018/4/28の柿畑-001

ここからは摘蕾の豆知識です。このように、主枝や亜主枝から直接生えてきた新梢にもたまに蕾がついています。このまま残しても小さなサイズの柿にしかなりません。また、この枝は来年の結果母枝になりますので、充実した枝にするためにも蕾は取りましょう。


2018/5/1の柿畑-003

わかり辛いですが、中央に右向きの枝があります。このように、時々おかしな方向に伸びている枝があります。この枝は果実に傷をつけやすいので、私は鋏で切るようにしています。ただ、葉はたくさん残したいので、明らかに傷を付けそうな場合だけにしています。


2018/5/1の柿畑-003

これは上の蕾を残したいけど、ちょっとだけ上向いているというパターンです。


2018/5/1の柿畑-004

葉っぱに引っ掛けるとこのように下向きになります。このままもう少し生育すれば、ちゃんとこの位置で固まります。注意点は曲げるときに取れやすいことです。予備を残しながら曲げましょうね。でないと蕾がなくなってしまいます(笑)


2018/5/2の柿畑-001

蕾の先に小さな蕾がまた出てきました。これは遅れ花、孫花と呼ばれるものです。これから大きくなってきます。柿にとっては、先にできた蕾がダメになった場合に備えた予備の蕾ですね。これもあまり大きくなりませんし、既に残した蕾と競合するので取ります。ただ、まだ小さいので注意しないと枝を折ってしまいます。2周目で取れば大丈夫です。


2018/5/1の柿畑-005

ちょっと説明ばかりで硬い話が続きましたね。まだ5月に入ったばかりなのに、随分と大きくなって開きかけているのもあります。今年は開花が早そうです。


2018/5/6の柿畑-001

今年もカエルがたくさんいます。摘蕾に慣れてくると、全体を見ただけである程度は不必要な蕾がわかるので、両手でどんどん取っていきます。そんなところにカエルがいると、いきなり冷たい感触でビックリします(笑) 驚いても脚立から落ちないようにしないといけません。


2018/5/2の柿畑-002

蕾が大きくなったといっても、まだ数センチです。小さくてカワイイですね。

さて、摘蕾はまだ1/3ほどです。そして1周目が終わると2周目もあります。まだまだ先は長いですが、お客様に満足していただけるよう、少しでも早く終わらせたいですね。

今回は「富有柿の摘蕾」というマニアックな内容ではありますが、簡単に説明させていただきました。参考になれば幸いです。それでは連休も後半に入りますね。どうか楽しい連休をお過ごしください! ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com
——————————————————————————–