摘果スタートしましたが、豪雨で生理落果が多発しています(2018/7/9)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです。

7月も上旬となりまして、今年の下半期が始まりました。いつもなら「後半戦も頑張ろう」なんて感じでブログを始めるところですが、今回は大変な豪雨が西日本を襲いました。連日のニュースを見てとても胸が痛みます。ありふれた日常が突然壊され、大切な人がいなくなってしまう恐怖。被害にあわれた方々のお気持ちは想像することしかできませんが、少しでも早く復旧がすみますようお祈り申し上げます。

岐阜県でも猛烈な雨が降りまして、県内の広い地域に「大雨特別警報」が発令されました。わが本巣市でも7/7の12時50分に特別警報が出まして、猛烈な雨が断続的に降りました。市内山間部や岐阜の高山や郡上ではもっと大量の降雨だったそうで、県内でも大きな被害が出ました。

そのような状況ではありますが、私たちは日々、自分がやれることをやるしかありません。ブログの更新が遅れましたが、6月中下旬~7月上旬の柿の生育状況や畑の様子などをお届けいたします(画像をクリックすると写真が拡大されます)。


2018/6/22の柿畑-001

6/22です。前回よりふっくらした富有柿の赤ちゃんです。前回のブログで書いたように、生理落果も少し落ち着いてきたようですし、細胞分裂が活発に進むよう摘蕾の2周目を進めています。


2018/6/28の柿畑-001

少し飛んで6/28です。今年も少し面積を増やしているのですが、暑くなってきて作業ペースが落ちてきたことと、雨で遅れがちになるので6/25辺りから摘果(てっか)を始めました。摘果とは最終的に残す果実の選別です。収穫する果実を決定することです。


2018/6/30の柿畑-001

6/30です。暑くてもこんなキレイな青空だと気持ちよく作業できますね。摘果を早くやるのには理由があります。味をよくして、大きな柿を収穫したいというのは当然ですが、もう一つ理由があります。それは隔年結果を防ぐためです。


2018/7/2の柿畑-001

7/2です。今年伸びてきた緑色だった枝が茶色くなっていますね。拡大してみると、枝と葉っぱの間に小さな芽ができています。そうです、柿の木はこの時期、果実を大きくしながら同時に来年の芽を準備しているのです。この芽の中には、来年に葉や蕾へと成長するモトが入っています。


2018/7/2の柿畑-002

十分な栄養があるときは立派なモトができ、果実がなりすぎていると栄養が不足してモトは小さく数も少なくなります。そのため、来年は不作になります。ところが不作の年は果実が少ないので栄養が余りますね。そのため立派な芽がたくさんできます。すると再来年は豊作となります。で、豊作の年は栄養が不足して・・・先と同じですね。このように「なり年」と「不なり年」を繰り返すことを「隔年結果」といいます。

無理にたくさんならせすぎないことで、今年の品質を向上させつつ、隔年結果を防止して来年もたくさん収穫できるようになります。そのため早期摘蕾、早期適正摘果をやっています^^


2018/7/8の柿畑-001

7/3です。スマホの横幅は7.5センチです。大きめの柿はもうこんな大きくなっています!


2018/7/3の柿畑-001

摘果をしながら、このように虫の糞がある所には樹幹害虫のヒメコスカシバなどがいます。今年生えてきた枝や、2年目の枝の根元よくいます。根元を食べられると枝はすぐ折れてしまいますので、ノコギリやハサミでつついて幼虫を処分しましょう!


2018/7/8の柿畑-001

7/8です。5日間ほど雨が続きました。最初はいつもよりちょっと強い程度の雨だと思っていましたが、7/7には特別警報が出るほどの豪雨でした。久しぶりの青空を見ながら、畑を回ります。


2018/7/8の柿畑-002

風が強かったわけではないので、木や枝にはほとんど被害はありませんでした。立派に育っているものはいよいよこのようなサイズです。


2018/7/9の柿畑-001

7/9です。東海地方でも梅雨が明けました。摘果作業を続けながら、追肥をしました。追肥は次回にお伝えします。


2018/7/9の柿畑-002

豪雨が過ぎると、一気に暑くなってきました。今週は連日32度~35度の予報となっています。暑くて嫌になることもありますが、こうやって仕事をできることが幸せなことなんだと思います。


2018/7/9の柿畑-003

追肥をしながら、すべての畑を見回りました。そして、大量の生理落果を見つけました。6月後半に生理落果のピークは過ぎていたと思っていたのですが、豪雨による雨ストレスで追加の生理落果がたくさん起きてしまいました。


2018/7/9の柿畑-003

摘果前の畑はまだある程度の数が残っているので大丈夫ですが、摘果を終えた畑は収穫量が予定を下回ることになります。自然相手は思うようにならないことだらけです。早くやったのが仇となってしまい残念ですが、品質向上を目指してやっていた作業です。ある程度は覚悟していたので仕方がありませんね。でもこれ以上は落ちないでと切に願っています!

さて、摘果は半分ほど進みました。来週には終わることができると思います。外で作業していると、もう蝉が鳴き始めています。梅雨も明け、雨の後は猛暑になってきました。熱中症に注意しながら、残りの作業も頑張りたいと思います。それではみなさん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com
——————————————————————————–

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中