芽が膨らんできました~。いよいよ今年の生育がスタートします!!(2019/3/31)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです。

早くも3月最終日となりました! 早いですね~。今年の冬は暖かい日が続いて、岐阜県平野部でも桜が咲き始めてきました! ニュースを見ていると、既に関東や愛知県は見ごろとなっているようですね。こちらも早く満開にならないか楽しみです^^ 

さて、柿畑では冬の作業(剪定、施肥、租皮削り、確定申告など)が終わりまして、少しだけ休みをいただきました。スノーボードも数回行けましたし、草野球も今年のリーグ戦が開幕しました。プロ野球やF1など様々なスポーツも開幕を迎え、仕事以外も忙しくなる季節ですね(笑) そんな中、柿も芽が膨らんできましていよいよ今年の生育が始まろうとしています! 今回は平成最後の春が迫りつつある柿畑の様子をお伝えします!!


2019/3/18の柿畑-001

3/18です。芽の外側を覆っている硬い皮が開いてきました!


2019/3/20の柿畑-001

3/20です。芽の先端が白っぽくなってきました。この芽ですが、まだわずか5ミリもありません。しかし、この中には既に葉っぱや蕾になる部分が用意されています。小さいくせにほんと不思議ですね。


2019/3/24の柿畑-001

3/24です。芽が膨らんで緑色になってきました。剪定のときの説明で、芽のついた枝を結果母枝と呼ぶ話をしました。この芽から結果枝という果実が実る枝が生えてきます。結果枝が生えてくる枝なので、結果母枝なんですね。


2019/3/24の柿畑-002

同じく3/24です。遠くから見たらまだ全くわかりませんね(笑) でも、一足早く草がだいぶ伸びてきたのが分かります。


2019/3/26の柿畑-001

さて、確定申告など冬の作業を3月上旬までに終え、少し休みをいただきました。その後は他の仕事をしながら、租皮削りの続きをしています。手作業の租皮削りはこのような道具を使います。3月初めに高圧洗浄機を使った租皮削りをしましたが、そこでやり忘れたところや硬くて削り切れなかったところを最初にやります。その後は機械を使っていない畑を回っています(現在はココです)。


2019/3/18の柿畑-001

高圧洗浄機では木全体をやりますが、これを毎年やると木が弱ってしまいますので3年に一度です。しかし太い枝の分岐部分などのモコモコしたところや、虫食いが広範囲にわたる部分はできるだけ毎年やります。

手作業でやる場合は上の写真の道具でもやりますが、私はノコギリを多用します。ノコギリの方が力を入れずにやれるからです。ノコギリでやり辛いところを、上の写真の道具でやる感じです。


2019/3/26の柿畑-003

租皮削りは、租皮の間で越冬している害虫を退治することが目的です。柿の木には近年、樹幹害虫といって枝を食べてしまう虫が多く発生しています。枝の分岐部分や、租皮が厚くなってモコモコになった部分によく白い小さな幼虫が潜んでいます。この写真の部分だけで5匹も確認しました! 1日やると100匹以上になる日もあります。ヒメコスカシバという虫が多いですが、越冬した幼虫が春から夏前に成虫となり、また拡散していきます。少しでも予防するにはこの作業が欠かせません。ただ、削った木くずが飛んできます。目に入るとめちゃくちゃ痛いです(>_<)


2019/3/28の柿畑-001

3/28です。芽がこんなに膨らんできました! カワイイですね♪ ただ、硬い皮から出てきた緑色の芽は非常に取れやすいです。作業するときは服に触らないよう注意が必要です! 取れてしまうともう枝が伸びなくなってしまいますからね。


2019/3/29の柿畑-001

3/29です。ちょっと上から撮ってみました。先端の芽から順番に膨らんできています。


2019/3/29の柿畑-002

さて、この日から新しい作業を少しやっています。接ぎ木といいます。詳しく説明すると時間がかかるので簡単に説明すると、伸びてきた枝に穂木をくっつけることができるのです。大きく実る木の枝をつけることでいい柿を増やすことができますし、品種を変えることもできます。


2019/3/29の柿畑-003

この柿の木は虫食いや枯れこみが徐々に広がっており、いずれ更新しなければいけません。そこで、このように下から生えてきた枝に接ぎ木をして、更新用の枝をつくっているのです。接ぎ木は成功率が5~7割くらいですし、大きくなる前に折れたり虫に食べられたりすることもあるので、何ヶ所かやって育てます。

写真のやり方は「高接ぎ」といいますが、側枝を利用することも多いと思います。また、太い枝に接ぎ木をする「腹接ぎ」というやり方もあります。細かいやり方は検索していただくとして、それぞれの用途や目的に応じてやるといいかと思います。やろうと思えば、1本の柿の木から何種類もの品種を育てることができます!


2019/3/31の柿畑-001

3/31です。最初の写真と比べると随分と膨らんできました。いよいよ新梢が伸びだそうとしています!


2019/3/31の柿畑-002

今日は雨が降ったり晴れたりの繰り返しでした。そして急に寒さが増しています。これから数日、冬のような寒気が迫ってくるそうです。芽が動き出したばかりですが、硬い皮の覆いがなくなっているので寒さに弱くなります。この時期に霜が降りると芽がやられてしまうこともあるので、少し心配です。


2019/3/31の柿畑-003

まだ遠くからは何も変化がありませんね。これからどんどん新しい枝(新梢)が伸び、葉っぱも広がっていきます。あっという間に変化していきますので、その様子を今年もたくさんお伝えしたいと思います! 今年もよろしくお願いいたします^^

さて、明日より4月です。新生活に入る方も多いと思います。期待と不安があると思いますが、よい一年にしたいですね。前回も同じことを書いていました(笑) 明日、新元号が発表されます。世界でも元号というのを持っているのは日本だけだとか。素晴らしい伝統を受け継ぎながら、希望に満ちた時代を迎えたいです。今週は寒気がやってくるようです。夜桜もキレイですがかなり寒いと思いますので、どうか体調管理にはくれぐれもご注意ください。それではみなさん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com
——————————————————————————–

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中