冬の大切な作業である剪定が終了しました~(2021/2/26)

みなさん、こんにちは! でらうま柿農園 富有柿.comです!

2月も終わりが近づいています。もう1年の1/6が過ぎてしまったのですね・・! この時期の柿農家は剪定や施肥などの作業が目白押しです。毎日、作業に追われていると時間の経つのも早いです。それとも年のせいなのか・・・(^^; とりあえず、柿の年間作業で最も大切といわれる剪定は無事に終了しました~~! 今日は早く仕事を切り上げ、ようやくブログが更新できました。剪定や冬の柿畑の様子をお届けします!



1/25です。剪定の進捗率は35%ほどです。朝から夕方まで木を切って、少し暗くなってきたら枝を集めます。そしてある程度たまったら、一気に燃やします。けっこうな量の枝がありますが、数時間後には・・・



もうほとんどなくなってしまいます! でも「これで終了!」ではなくて、もう少し先があります。この燃えカスの下の方には、炭になった太い枝が残っているので、しっかりと燃やし切るため何度か混ぜます。



暗くなってから見ると、炭が真っ赤になってキレイです。写真を撮り忘れましたが、枝を燃やすときに焼き芋をするときもあります。甘くてねっとりしてとても美味しいです(^^♪



1/29です。今シーズン、何度目かの雪です。今回は岐阜の平野部でもけっこう降りました。雪は好きなのでテンション上がりますが、今年は何度も積もっていて仕事が止まっているので、ちょっと焦っておりました・・(-_-;)



1/31です。まだ雪が残っていますが、休んでばかりもいられないので剪定開始です。進捗率は45%くらいです。日が照っていると顔や体は暖かいのですが、足だけが雪で冷やされて変な感じです(笑) 雪の柿畑、今年はたくさん見られましたが、何度見てもキレイな景色ですね♪



2/2です。この木も以前はかなり高かったのですが、だいぶ低くなり、樹形も広がってきました。脚立の昇り降りもなかなかしんどいので、低く広げられるといいですね。奥の方で高速道路がどんどん建設されています。



2/4です。2月初めに堆肥を撒きました。いつもは馬糞を用意しているのですが、今年はいろいろ考えて鶏糞にしました。これで1.5反(450坪)分あります。袋を開けるとちょっと臭いです(笑) さて、馬糞や鶏糞などは堆肥と呼ばれます。堆肥には動物由来のものや植物由来のものなど様々な種類がありますね。それぞれ含有されている成分が違います。何でもよいわけではありませんので、施肥の目的と成分の確認が大切ですね。肥料に関しましては、元肥を3月中旬にやる予定です。



2/14です。最後の畑も3割くらい進み、全体の進捗率は80%となって剪定もあと少しです! ところで、この時期は風が強いことが多く、気温が低いと寒さも倍増ですね。防寒具の進歩により体は暖かいのですが、耳や手足が冷えます。何より、高いところで作業しているときに強風が吹くと落ちそうになってヒヤリとします(^^; 剪定は一人でやっているので、落ちても倒れても誰も助けに来てくれませんからね。



2/17です。思うような形に仕上がればテンションも上がります。もちろん、新しい枝が生えてこなかったり、生えても伸びる方向が悪くてどうしようもできない木もあります。もうこればっかりはどうしようもできませんね。骨格さえできていれば来年にはまた新しい枝が生えてくるので大丈夫です! さて、毎日剪定を進めていますが、木の背景にどんよりとした雲が広がっていますね。はい、この後、また雪が20センチほど積もりまして、2日間作業ができませんでした(^^; 剪定もですが、2月半ばになると確定申告も迫ってくるので、せっかくいただいた休み中に準備を進めました。



2/24です。最後の1本を仕上げて、枝も全部燃やしてようやく今年の剪定終了しました~~! 剪定ですっきりして採光性も風通しもよくなります。たくさんの日を浴びて、美味しい柿が育ってくれるよう願っていますよ~^^



剪定が終わったら、続いて切ったところに癒合剤を塗っていきます。トップジンやバッチレートという殺菌成分の入った癒合剤がありますが、うちはバッチレートを使っています。500円玉より大きめの切り口にはすべて塗ります。高いところもあるので、脚立も必要です。薬剤のボトルが1キロ入りなので、何時間もずっと持っていると左手が疲れます。移動するときはボトルと刷毛を左手、脚立を右手に持って移動します。けっこう力が要りますが、運動不足なので筋トレと思って楽しんでいます♪ こちらも明日には全部終わりそうです。

ということで、2ヶ月近くに渡りましたが、剪定が無事終了しました。今年も元気に育って、美味しい柿が実ってほしいものです。今後は、川削りや新植、施肥といった作業が3月にあります。忘れてはいけないのが確定申告ですね。それらが終わると、柿農家は1ヶ月くらいゆっくりできます。疲労も溜まっておりますが、あとひと踏ん張りして今年の柿作りも頑張りたいと思います!!

ということで、今回は剪定作業や冬の柿畑の様子を一気にお届けしました。岐阜県では新型コロナの緊急事態宣言が発令中のため、畑とコンビニやスーパー以外はほとんど外出しておりません。寂しくもありましたが、ようやく感染者数も減ってきて3月から解除されるそうです。解除されてもすぐに以前のような生活には戻れませんが、卒業式などは無事に開催できるといいですね。それでは、まだまだ寒い季節ですので風邪やコロナには気を付けてください。ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中