柿の剪定が順調に進んでいます^^ (2022/2/5)

みなさん、こんにちは。でらうま柿農園 富有柿.comです! 新年の挨拶から1か月ぶりの更新となりました。柿農家は剪定という木の枝を整理する作業真っただ中でありまして、天気のいい日は曜日関係なしでずっとやっています。今日は久しぶりに雪で仕事ができないため、ようやくブログを更新できました。

剪定は柿作りの年間作業では最初の作業です。同時に、剪定で採光性が決まるため、味を大きく左右するとても大切な作業です。朝晩は凍えるように寒い時期ではありますが、どこの柿農家さんも剪定作業に邁進しています。今回は剪定を中心に、冬の柿畑の様子をお届けします!



1/11です。柿料理ですが、どんな料理家わかるでしょうか? これは柿の皮を炒めた「柿の皮のきんぴら」です。少し前にテレビでやっていて、試しに作ってみました。一口目は「んん・・・(-.-)」って感じで普段の柿と全然違う食感に戸惑いましたが、何口か食べているうちに「おっ・・(^^♪ 意外にいける! っていうか美味しい!」となりました。味付けは少量の麺つゆとごま油のみ。甘じょっぱくて香ばしくて、美味しかったです。捨ててしまう皮もこうやって食べられるのはいいですね♪



1/14です。今シーズン、何回目の雪でしょうか。たくさん降ります。カラス除けの糸にも雪が積もって垂れています。雪景色はとてもキレイで癒されますが、剪定が始まって2週間ちょっとです。3カ所目の畑に入りましたが、進捗率は28%。まだあまり降ってほしくない時期です(笑) 翌日から再開しました。



1/18です。まだ雪が残っています(^^; 足元が冷えますが、太陽が照ってくると光を反射するので体はあまり寒くないです。ただ、めちゃくちゃ眩しいです。顔だけがどんどん日焼けしていきます(笑) 大きい木が多く、樹高が高く形もイマイチなところがあるので時間がかかります。



同じく1/18です。剪定では枝を切るだけでなく、集めて燃やさないといけません。切るのも脚立を昇り降りしてばかりで疲れますが、集めるのはずっと中腰になるため疲れます。特に小枝は無数にあるため、剪定より枝拾いの方が圧倒的に大変です。そのため、弊農園では小枝を切るときに地面に捨てず、大きな袋へ投げ入れています。切りっぱなしの方が早くできますが、集める時間や疲労を考えるとこちらの方がいいです♪ 枝もある程度まとめて燃やすと、1時間半くらいですべて焼却できます。



1/21です。中央の枝には黒い斑点がついていますね。これは柿農家の天敵、炭疽病に感染している枝です。去年は岐阜県のいろんな地域で多発しており、弊農園のお隣さんの畑でも大量発生していました。その後、質問を受けたので一緒に畑を回っていたら1本の木に20本ほどの感染枝があり、枝を切除したときに撮影しました。その周辺の木はほとんどの柿が感染し全滅したそうなので、炭疽病の怖さがわかります。左右の枝も、よく見ると少しボコボコした部分がありますね。これも感染枝です。多発していた園では必ず感染した枝があるので、剪定しながら見つけたら焼却か埋めてください。



これは昨年の9月半ばの写真です。切っても切っても感染した果実が出てきました。弊農園では特に酷かったのは1本だけでしたが、こんなのが色んなところで出たら収穫量は激減です(゚Д゚;)



1/26です。4カ所目の畑に入って、進捗率は50%です。先の畑は混んでいたり樹形を修正するためにあれこれ考えるので時間もかかっていましたが、この畑は間隔も広く樹形もよいのでサクサク進んでいきます。富有柿の剪定では、写真のように枝を広げた「開心自然系形」という樹形がよいとされています。日光をたっぷり浴びれるので味がよくなりますし、作業性や風通しもいいですね。半面、収穫量は少なくなります。枝をたくさん残せば柿もたくさん取れますが、採光性が悪くなると味は落ちます。もったいなくてもしっかりと切ることが大切だと思います。剪定のやり方については以前のブログでまとめたことがありますので、気になったら下記リンクを読んでください。

富有柿の剪定 その1 骨格枝を決めよう

富有柿の剪定 その2 細かい枝を整理しよう



1/28です。剪定をしながら、木の状態をよく観察します。また、樹幹害虫という木を食べる害虫がいそうなところは皮を削って退治します。木を守ることも大切な作業ですね! この畑の剪定が2/1に終わり、進捗率は75%まで進みました。今までで一番早く進んでいます^^



2/2です。肥料をやりました。年末の土壌改良材と呼ばれる肥料に続き、今回は鶏糞です。1回目は石灰やマグネシウムなどを補うと同時に、pHを整えて微生物の住みやすい環境にします。2度目は堆肥の鶏糞を撒きました。化学肥料ばかりでなく、堆肥を使うことで少しでも土をよくしたいと思っています。また、鶏糞は肥料分が多く少量で済みますし、価格も安くありがたいですね。ただ、やりすぎると石灰過多になるので注意が必要です。肥料はあと2回、3月半ばの元肥と7月の追肥があります。



2/4です。5カ所目に入って進捗率は80%ちょっとです。ここは大きな柿ができる大切な畑です。ただ、ちょっと樹高が高いので、木を横に広げるように新しい枝を育てながら剪定しています。何年もかかりますが、少しずつよくなってきたと思います。

という感じで、今年の剪定はいい感じで順調に進んでいます♪ 今年の剪定は2月半ばに終わりそうです。寒い季節で腰が重い日もありますが、残りもあと少し! 頑張ります!! それでは皆さん、風邪やコロナに気を付けてお過ごしください。ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中