2022年もよろしくお願いいたします。(2022/1/11)

みなさん、遅くなりましたが、明けましておめでとうございます! でらうま柿農園 富有柿.comです!今年もどうかよろしくお願い申し上げます^^ コロナが減ったり増えたりで数か月先がどうなっているのか予測し辛い日々が続きますが、皆様にとって少しでも良い一年になりますようお祈り申し上げます。

2022年は弊農園がネット販売を始めて9年目です。ここまで続けられているのは全国のお客様のおかげです。本当にありがとうございます。これからも美味しい柿作りを頑張りますので、どうかよろしくお願いいたします。豊作という年はなかなか味わえませんが、気持ちだけは常に前向きでやっていきます(`・ω・´)!

新しいお客様もいらっしゃると思いますので簡単にブログのご説明をします。このブログでは、1年を通して柿作りの作業風景などを毎月1~2回ほどお伝えしております。柿は秋の果物ですが、冬から夏にかけても数多くの作業があります。また、四季を通して様々な風景があります。柿農家以外では滅多に見ることのできない情報を発信しますので、食べる以外にも楽しんでいただけたらと思っております。よろしくお願いいたします。それでは、2022年最初のブログをお伝えします^^



1/1です。今年も初日の出の写真を撮影してきました! 毎年撮っていますが、雪の中での初日の出は初めてだったと思います。滅多にないことなので、縁起がいいですね(^^♪



もう1枚です。いい1年になりますように~! 日の出時間は7:00くらいですが、6:45くらいからいろんな場所を歩き回って場所を探していました。知らない人が見たら、早朝の柿畑でうろうろしていて完全に不審者ですね(笑)



初日の出が無事に撮影できたので帰ろうと思ったら、朝日に照らされた雪景色もキレイだったのでまた何枚も撮影しました。この時間に畑に入ることは滅多にないので、とても新鮮でした♪



もう一枚♪



1/2です。天気予報で雪マークが多かったこともあったので早めにやりたいということで、今年の剪定はこの日からスタートしました。切った枝はこうやって集めて燃やします。細かく分けて何カ所かで燃やしている人の方が多いですが、弊農園ではこのようにドカッと集めて一気に燃やします。集めるのは大変ですが、火が付くと強い火力ですぐ燃やし終わります。

さて、世間は正月なのに朝から夕方までしっかりやって満足しておりましたが、元旦もやっていた人も何人かいました。農家にとってはカレンダーよりも天候こそが命なので、私もこの程度で満足しないように気を引き締めました(`・ω・´)


1/5です。柿の芽です。すべての枝の先端にはこうやって芽が何個もついています。ここから新しい枝が伸びて、今年の柿が実ります。空に向かって勢いよく伸びる上向きの枝を見ていると、気持ちも明るくなりますし縁起がいいなぁと思います♪



1/8です。たくさんの枝も燃やし終わるころにはこんなに小さくなります。この時期の楽しみは焼き芋づくりです! もう今シーズンで3回目となりますが、ホクホクで少しトロっとした焼き芋が出来上がります。疲れも吹き飛びます♪



1/10です。2カ所目の畑に入りました。剪定も慣れてきてだんだんペースが上がっています。この畑は今年から管理を頼まれていますが、35本くらいを2日で剪定と枝の焼却まで完了しました(写真は朝撮影したので、まだ奥の方は剪定中です)。進捗率は30%ほど。小さい木が多いのでというのもありますが、早くできると気持ちいいですね^^ でも、もっと早く、もっと上手くやれるようになりたいです!



では、今回最後の写真です。正月過ぎましたが、今年もまだ柿を食べております。最後の収穫後にストックした分です。収穫が終わってからゆっくりと味わっておりました。そんな柿も残すところあと4個となりました。また今年の秋を楽しみにしたいと思います! さすがに少し柔らかくなっていますが、ヨーグルトやケーキに入れて食べるのもとても美味しいですね。

ということで、剪定作業でなかなか時間が取れませんでしたが、雨のためお休みとなったので、今年最初のブログ更新ができました。いい天気ばかりだと休みがありませんので、ほどよく雨や雪が降るとよい休息になります。さて、剪定の適期は2月いっぱいです。無事に終われるよう頑張ります! それでは皆さん、今年もよろしくお願いいたします(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com

2021年もありがとうございました!(2021/12/31)

みなさん、こんにちは! でらうま柿農園 富有柿.comです!

2021年も早いもので大晦日を迎えております。いつも通り紅白歌合戦を見ながら、今年最後のブログを書いています。今年も1年があっという間に過ぎてしまいました。それなりに充実しているからなのか、年齢によるものなのか・・(笑) 今年も無事に年越しを迎えることができました。お客様からのアンケートやメールで温かいメッセージをたくさんいただきまして、改めて感謝いたします。多くのお客様に支えられていると心から実感します。ありがとうございます。買っていただけたのにお礼を言われるなんて本当に稀有なことだと思います。中には「柿の御礼に」と地元の銘菓や特産品を送ってくださったお客様もいました。この嬉しさを忘れずに、これからも柿作りを頑張っていこうと思います!

また、手伝ってくれた友人たちや先輩農家の方々、講師の先生にも感謝します。柿作りは1年を通していろんな作業があり体力も要しますし、勉強することも多いです。様々な人に支えられて、お客様へ柿をお届けしております。皆様に感謝しています。そして柿農家の友達にもたくさんお世話になりました。柿作りの苦労や愚痴を一緒に笑って話して、共に頑張ることができました。ありがとうございました~^^

今年の柿は数年ぶりに大玉傾向となり、味もよかったです。半面、ヤワ果が多発して大量の廃棄が出たため、収穫量は平年よりやや少な目だったと思います。それでも昨年は小玉傾向で生理落果やカメムシの被害が多く収穫量も売上も過去最低だったので、だいぶマシに思えてしまうほどです(面積が増えたので発送量は最高記録を更新しましたが、1反辺りでは中の下くらいでした)。現実を見れば、柿作りの収益性は低空飛行を続けておりますので、安定して収穫できるためにやれることをもっと追求していきたいと思います。

また、柿栽培をやめてしまう農家さんも多く伐採される畑は増える一方です。切り株だけの畑を見るととても寂しいですし、再開されることはありません。他の農家さんとも協力して少しでも畑を守っていきたいと思います。課題を挙げればきりがありませんが、お客様に喜んでいただけるよう頑張っていきますので、どうか来年もよろしくお願いいたします!

それでは、年末の柿畑の様子をお届けします!


12/25です。毎年恒例ですが、年末~年始の辺りで苦土石灰やよう燐という肥料を与えます。今年から元肥に鶏糞を使っているので、石灰やリンが過剰にならないよう、いつもより少なめにしています。


12/26です。今年も年末から剪定を始めました。柿作りにとって最も大切といわれる剪定です。1年ぶりなので柿作りの本や自分でまとめたテキストを読んで復習します。そして練習がてら、あまりいい柿が実のらない畑からスタートし、失敗を恐れずガンガン切っていきます(笑) 写真ではわかり辛いですが、小雪が舞っています。そして夜にはまた降ってきまして・・・


翌日(12/27)にはこんな感じになっていました! さらにその翌日は~


12/28です。雪景色と晴れた畑! 柿畑の風景ではベスト3に入るくらいの大好きな光景です^^ ただ、今年は天気予報を見ると年末~1月上旬が雪マークだらけ・・(^^; 剪定は2月中に終わらせなければいけないので焦ります。ってことで、雪でも昼からは剪定再開しました。


12/29です。おっと画像が少し斜めになってしまい申し訳ありません(笑)雪は残っていますが朝からガンガン切っていきます。寒そうに思うかもしれませんが、防寒着の進歩によって足元以外はまったく問題ありません!


12/30です。年末なんて関係なく、黙々と剪定を進めます。この畑は10年ほど前から借りているのですが、当初は枝がグニャグニャでとても混んでいて、しかも樹高が高くて大変でしたが、だいぶ直ってきました。夜からまた雪が降り始めました。


12/31です。今日はお休みをいただいて、掃除をしたり確定申告の準備などをしていました。年明けも雪マークが多いので、正月は関係なしでやれるときに少しでも作業を進めたいです。雪は大好きなんですけど、序盤はあまり降らないでほしい!

ということで、年末の作業をお伝えしました。柿の作業は11月だけでなく、通年でいろいろあります。まずは年末~2月いっぱいで剪定や施肥を行います。来年もHPやブログで柿の生育をお伝えしていきますので、どうか楽しみにお待ち下さい!

さて、22時近くになりまして、紅白歌合戦も後半になってきました。今年は有観客なので盛り上がり方が違いますね。いろんな歌が聞けますし、雰囲気も明るくて元気になります。やっぱり音楽って最高♪ コロナがピークだった夏ころはどんな年になるのかと不安でした。しかし、はっきりとした原因はわかりませんが日本の感染者数は激減し、秋からは久しぶりに以前と近いような日常が戻ってきました。家族や友人とご飯に行くという些細なことですら、ありがたいものだと思いました。まだこの先がどうなるのかわかりませんが、来年もこの明るい兆しが消えずにもっと明るい年になることを願っています!

では、今年のブログはここで終了いたします。いつもお付き合いくださいまして、ありがとうございまいす。また来年もどうかよろしくお願いいたします。どうかよいお年をお迎えください!(^^)/

でらうま柿農園(後藤柿農園)  後藤貴則

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com

今年も無事に収穫・発送が終わりました。ありがとうございました!(2021/12/14)

みなさん、こんにちは! でらうま柿農園 富有柿.comです!

少し遅くなりましたが、12月の上旬に今年の収穫・発送もすべて終了いたしました。予約販売だけでなく、追加販売でもたくさんのご注文をいただきました。ありがとうございました!! また、たくさんのメールもいただきました。繁忙期であったため個別にお返事する時間は取れませんでしたが、とても励みになりました。重ねて感謝いたします。買っていただけたお客様からお礼を言われるなんて本当にありがたいことです。柿農家冥利に尽きます^^ また、少し面積が増えたこともあり、今年の発送量は弊農園の最高記録を更新しました。まだまだ課題はありますが、また来年も頑張ってもっと美味しく、もっと良いサービスを提供できるよう頑張ります。今年もありがとうございました。

さて、それでは収穫期の柿畑の様子をお届けします!



11/6です。11月上旬というのに連日1千数百個の収穫があります。前回もお伝えしましたが、今年は収穫が平年より早く進みました。昨年や一昨年は逆に10日ほど遅れていましたので、余計に早く感じましたね。



11/9です。色づきが早く進む年は、柿が大きくなる傾向にあります。今年は4年ぶりに大玉が非常に多く収穫できました。写真をご覧ください。目盛りは0を指していますが、なんと一周して500グラムを指しているくらいのバカでかい富有柿です! この秤にはM~4Lの境界線にマジックで線を引いていますが、大きすぎて目盛りの意味がないくらいのサイズですね。訳あり商品にもゴロゴロと大玉が入っていたと思います^^



11/12です。まだ青々とした葉っぱと、色づいてきた柿、そして真っ青な空。収穫期のわずかな期間しか見ることのできない美しいコントラストです♪



11/16です。昨年はやっと収穫が増えてきた時期ですが、今年は11月上旬から毎日1千数百~2千個近くの収穫をしています。それでもまだまだたくさん残っていますね。11月中旬には4Lの追加販売が始まっていましたし、他の商品も順調に発送が進んでいました。



11/23です。ただ、相変わらずヤワ果は多発しており、その他にもすす病や炭疽病、カメムシの被害などはたくさんありました。収穫はピークを迎え毎日2000個前後の収穫がありましたが、そのうち3~4割くらいは商品としては使えません(> <) このように袋につめて無人販売したり、「何でもいいからほしい」というお客様に格安で販売しておりました。ヤワ果は収穫して持ち帰るのも難しいので(カゴの中で潰れてべちゃべちゃになってしまうため)、畑で大量に廃棄していました。お客様も「今年はどこの畑も柿が大量に捨ててあるね~(^^;」と話していました。今年は台風が来なかったのに、正品率は高くなかったです(ノД`)・゜・。



11/24です。畑では葉っぱが紅葉し、落ち始めてきました。まだ柿がたくさん残っているのが分かります。収穫量は2500個を超える日もありました。予約販売はほぼ発送が終わり、多くの商品で追加販売が始まっていました。今年は予約を控えめにしていたので発送できるか不安で寝られないことは少なかったですが、追加販売が始まるとメールや送り状作成でも時間がかかります。収穫もピークで選別や発送も大量にあるので、体があと1つか2つあったらと何度も思います(笑) そう思えるほど収穫や注文があったのは、本当にありがたいことだと思います。



11/28です。弊農園でも最後の収穫に入ったので残っている柿はわずかですね。ご近所さんでは11/25前後で収穫が終わった柿農家さんが多かったです。弊農園では最後の収穫が12/2でした。近年では久しぶりに早く終了しました。



さて、この柿は今年一番大玉だった柿です。先ほどの秤では1周以上回ってしまい量れなかったので、他のを用意しました。数値は580グラム! 手に乗せてみると・・・



手に収まりません(^^; 隣のiPhone7のサイズは縦が14㎝、横が7㎝です。カボチャみたいなサイズの柿でした(笑) 何はともあれ、今年も無事に終わってホッとしています。



12/11です。収穫や発送作業が終わって1週間。休息したり他の仕事に行ったりしていましたが、12月半ばから新しい作業が始まります。まずは支柱の撤去です。支柱もたくさんありますが、すべて外して保管場所に移動します。



12/13です。次に落ち葉の処分をしました。落ち葉には落葉病やうどんこ病、灰色かび病などの菌がついていて、越冬して翌年胞子を飛ばします。そのため、落ち葉は焼却処分がよいとされています。ただ、除草剤を使っていないと落ち葉を集めるのはとても時間がかかりますし、モクモクと大量の煙が発生するので風下の住宅や道路に迷惑をかけます(ひどいと警察や消防に通報が入るほどです(^^;)。焼却することで病気が減ればいいのですが、焼却した畑とやらない畑で何年も比較しましたが明確な差はありませんでした。そこで、弊農園では昨年から焼却はやめて草刈り機で粉砕する方法にしました。何回も走って粉々に粉砕し、キレイになって次の作業に進めます。



12/14です。片付けが終わったら、来年の柿作りが始まります。冬の作業といえば剪定です! 理想的な形になるよう枝を切って整理する作業で、柿作りにとって最も大切といわれる作業です。柿の木から「早く切って~!」という声が聞こえてきますが、まだちょっと早いので月末より開始する予定です。その前に苦土石灰などの肥料もありますね。

ということで、今年の収穫期の柿畑の様子をお届けしました。たくさんのお客様にご注文をいただきまして、本当にありがとうございました。また、手伝ってくれたスタッフの皆さんにも感謝しています。大きなトラブルもなく収穫・発送ができたのは皆さんのおかげです。ありがとうございます。そして、また来年もよろしくお願いいたします。

さて、今日は我が岐阜県平野部でも最低気温が0度近くだったようで、一気に寒くなってきました。今週は雪が降るかもしれません。風邪など引かないよう注意して、元気に年末を迎えたいですね。それではそれでは皆さん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com

今年は柿の収穫が早く始まり、もう繁忙期に入っています!(2021/11/3)

みなさん、こんにちは! でらうま柿農園 富有柿.comです!

まずは、予約販売のご注文をたくさんいただきまして、ありがとうございました。今年も早くに完売となりまして、メールの発送が追い付かないほどの嬉しい悲鳴でした。コロナ禍が続いている中ではありますが、毎年買ってくださるお客様のお名前を拝見して、多くの皆さんがご無事だったことに安心しました。ありがとうございます。

今年も11月に入り、柿をスーパーやテレビなど、いろんなところで見かけるようになりましたね! 弊農園で栽培している富有柿は「柿の王様」といわれる有名な柿の品種です。その富有柿は、柿の中では遅めに収穫が始まります。通常では11月初めに収穫が始まり、11/20過ぎがピークとなります。もっとも、ここ数年は1週間以上も遅れることが多く、11月上旬に始まって、12月上旬まで続くパターンが多かったです。

ところが、今年は10月下旬より収穫が始まっており、まだ11月に入ったばかりなのにもう収穫量が増えてきています。その原因は前回のブログにてお伝えしたように、9月上旬に気温が低くなった日があったからです。それで富有柿の着色スイッチが入り、早く色づきが進んでいます。そのため、いつもと作業ペースが違いすぎて、ブログを更新する時間も取れず、1ヶ月以上空いてしまいました。収穫直前の様子をお伝え出来ず、申し訳ありません(^^;

さて、早く色づきが始まると、柿は大玉になる傾向があります。そのため、今年は久しぶりに大きな柿がたくさん収穫できています。そのため、追加販売では3Lや4Lの贈答品(秀品、優品共に)は早めに追加できると思います。ここ数年は小玉傾向だったので、ご予約を少ししか取っていないことも大きな理由です(今年は大きくなると思っていましたが、あまりご注文を抱えすぎると発送ができるか不安になって精神的に参ってしまうので・・・)。もうしばらくお待ちください。

その他、けっこうワル柿や優品2Lも早めに追加できそうです。ご注文の多い3Lと2Lの秀品、ちょいワル柿はもう少しかかりますが、昨年と比べるとかなり余裕がありそうです(昨年の収穫量は過去最低レベルだったので、余裕があるのはある意味当然ですね!^^)。各商品についての詳細は追加販売のページで毎日更新しておりますので、参考にしてください。それでは、10月~11月初めの柿畑の様子をお届けします!



10/9です。少し黄色くなっていますね。ところで皆さん、9月下旬~10月上旬の気温を覚えていますか? 日中は30℃もあった日が続きました。異常な暑さでしたよね。その影響が柿にも出ているのではないかと危惧されています。色づきがあまり進まないまま、柔らかくなってしまうという影響です(後述します)。



同じく10/9です。最後の草刈をやりました。伸びた草を刈って、作業がしやすくなりました。この後、肩掛けの草刈り機で木の周りもすべて刈りました♪ 今年も除草剤を使わず草刈は終了です! (除草剤は決められた通りに使用すれば、使っても問題はありません)。



10/17です。ようやく気温も平年並みに下がってきました。富有柿も色づきが進みだしています。松本早生富有柿はもう発送が終わり、追加販売をしていました。富有柿だけでなく、早生富有柿、早秋や太秋といった品種も軒並み早く収穫が始まっていました。



10/24です。とても大きな富有柿です! 直径は12センチほどあります。今年は大玉がたくさん実っています! ちなみに、赤く見えますが撮影したのは14時半です。このくらいの時間になると日が少し落ちてきて、黄色い柿も赤く見えるようになります。収穫は15時までにしないと、黄色いのをたくさん収穫してしまいます(^^;



10/26です。遠くから見ても柿がだんだんと熟してきたのが分かりますね。ところでこの時期に、お隣の岐阜市で柿が大量に盗まれる事件が起きたのはご存じでしょうか? 6万個もの大量の柿が畑から盗まれたそうです。ほとんどの柿畑はこのように道路に面しています。囲いもありませんので、せいぜい防犯カメラを設置するくらいしか対策はできません(カメラも高いので厳しいです)。畑から盗まれる事件は毎年何件もありますし、無人販売している商品は日常的に盗まれるので、ほとんどの農家さんが被害を経験しています。1年かけて育ててきた大切な柿です。とても悔しいですし、悲しくなります。本当にやめてほしいですね!



10/30です。さて、今年何回も撮影してきた柿です。立派に育ち、いい色になってきました。今年は本当に収穫が早く始まっておりまして、すでに発送も始めています(昨年や一昨年は11月半ばまではのんびりしていました)。この中央の柿は11/1に収穫し、11/2に発送しました。もうお客様のもとへ到着しているかもしれませんね^^



同じく10/30です。秋晴れの澄んだ空と、柿、葉っぱのコントラストが眩しいです。葉っぱはもうすぐ紅葉して落ちてしまうので、この3色が揃うのも短い間だけです。本当にキレイなのでもっとキレイに撮影したいのですが、思うように撮影できません(ノД`)・゜・。



10/31です。収穫が始まると、このように正品(秀、優、良といった商品に利用するもの)と、キズ(畑で無人販売するもの)に分けます。序盤はキズ果が多いのはいつものことなんですが、今年は・・・



大玉傾向の年の弊害として、ヘタスキが多いです。ヘタスキになると一部が先に熟して柔らかくなってしまうことが多くなります。また、それ以外にもヘタスキや赤い部分がないのに、触ると柔らかくなっている果実が多いです。もしかするとこれが10月の異常な暑さによる傷害なのかもしれません。この柿は無人販売でも売らず、タダでお譲りしています。その他、カイガラムシ、カメムシの被害も多く、収穫量の1/3以上はキズ果や商品としては使えないものです。後半はもう少し正品率が上がりますが、もう少しうまくいってほしいものですね。



11/2です。この時期にしては珍しく1500個以上の収穫がありました。今年はヤワ果になりやすいため、少し黄色めでも収穫しています。でも味はとても美味しくて、自信をもってお送りしています。ご注文の商品もいつもより早くお届けできると思いますし、追加販売も徐々に始まると思います。どうかよろしくお願いいたします。

長くなりました(^^; もう繁忙期に入っておりますので、とにかく無事に収穫・発送が終わるよう頑張ります! コロナはかなり減ったとはいえ、寒暖差の激しい季節です。風邪にも注意しながらお過ごしください。それではそれでは皆さん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com

明日より予約販売スタートです! が、ここに来て少し問題が起きています・・(2021/9/24)

みなさん、こんにちは! でらうま柿農園 富有柿.comです!

9月も後半となって参りました。日中はまだ30度前後と暑い日もありますが、朝晩は少し肌寒さを感じる日も多くなってきましたね。私の部屋は2階なのですが、2階は夜になっても熱がこもり暑いので、窓を開けたまま寝ることがあります。そして朝になると寒さで目が覚めて、後悔する・・・、何歳になってもやらかしてしまいますね(;^ω^)

さて、いよいよ明日、9/25の15時より2021年の富有柿の予約販売をスタートします!! 去年の12月下旬よりスタートした2021年の柿栽培ですが、今年もあっという間に9か月も経ってしまいました。長いようで早かった9か月、思い起こせば今年もいろいろありました。5月の開花期に梅雨入りというハプニングが発生し、受粉ができないのではないかと心配しました(何とか大丈夫でした!)。その後、梅雨や夏を迎えます。去年は梅雨後半の大雨で生理落果が多発しましたが今年は平年並みで済み、猛暑も少なく前半は順調に育ったように思います。そしてここ数年、大発生していつもたくさんの被害を受けるカメムシも8月まではほとんど見ることもありませんでした。収穫最盛期まではまだ2ヶ月ほどあるため、まだ安心はできませんが、今年も大切に育ててきました。どうかよろしくお願いいたします!

ただ、順調に育ってきたと思ってきましたが、ここに来ていくつか懸念が生じています。詳しくは後半で書きますが、炭疽病が増えてきました。また、カメムシもやや増えてきているようです。そして新しい台風が発生しました。これらの被害がどうなるかまだわからないため、今年の予約販売は数量を少な目にして、大丈夫であれば10月下旬辺りにまた追加で販売したいと思います。どうかよろしくお願いいたします^^

それでは、9月の生育状況をお伝えします!



9/11です。夕日を浴びると少し黄色くなって見えますね^^ カラス除けの糸を張ったり、台風対策の支柱を立てたりしていますが、日の入りが早くなってきて秋が迫っているのを感じます。



9/13です。ほんの少し黄色くなってきたのが分かりますか? 前回もお話ししましたが、気温が下がって1日の平均気温が23度を下回ると柿の着色スイッチが入ります。そのスイッチが早く入るほど、大玉傾向になるといわれています。昨年や一昨年は9月の気温が高かったので23度を下回ったのは9月下旬で、全体的に小玉でした。それが今年は、前回のブログの予想通り、9/8に23度を下回りました。ここ数年では早い方です! もちろん、日照量や降水量なども影響しますので一概には言えませんが、大きな柿が収穫できたらいいなと思います(^^♪



同じく9/13です。カラスにつつかれた柿です。やっぱり食べられちゃうんですよね。カラス除けの糸を張っていますが、効果は限定的です。カラスはとても賢い鳥なので、毎年いろんな新商品が出ますがすぐ慣れてしまいます。なんと品種の違いもちゃんと覚えており、太秋という早生品種(青くても甘い柿)はピンポイントで狙い撃ちされます。落とした柿だけ食べてくれればいいのに~( ノД`)



9/18です。最後の生育ステージに入り、大きさだけでなく厚みも増してきました。この時期の富有柿はまだ渋いのですが、あと2ヶ月ほどかけて渋さが抜けていきます(正確には、渋み成分が人間の舌で感じなくなるような成分へと変化していきます)。ただ、9月に入ってちょっと懸念材料が出てきました。それは・・・



炭疽病が増えてきていることです。炭疽病に感染すると、このように黒い斑点が広がり、果実は早く熟して落果します。この炭疽病はとても感染力の強いやっかいな病気ですが、平野部の畑では大発生することはあまりなかったと思います。炭疽病は春から夏にかけての強い雨や台風によって感染するため、おそらく8月の多雨により感染が広がったのだと思います。

見つけ次第摘果して他の畑に埋めていますが、こんなに出たのは初めてです。そしてやっかいなのは、まだこの先も増える可能性があることです。特に台風が来ると胞子が散らばってどんどん広がっていきます。まだ大発生というほどではありませんが、弊農園でもいろんな畑で発生し、数本の木がほぼ全滅しました(・・;) ご近所さんの畑でもたくさん発生していると聞いたので県のHPを確認したところ、9/16に岐阜県より炭疽病の注意報が発令されていました(カメムシも発令)。カメムシは毎年のように出ていますが、炭疽病は初めて聞きました(゚д゚)! 今年の病害虫はカイガラムシや樹幹害虫はやや多かったものの他の条件はとてもよかったのに、ここに来て炭疽病、そしてカメムシも増えてきました・・・(>_<) まだ被害がどのくらいになるかわからないため、予約販売はやや少な目にするつもりです。



9/21です。このように厚みのある腰高な柿は味も美味しいです。ようやくここまで育ってきた柿たち、何とか無事に収穫できますように!



9/24です。2枚目の写真と同じ柿です。少し黄色くなってきたように思いますが、どうでしょうか? あまり変わってないですか?(笑) 同じ柿を追って撮影するのも面白いですね。また次回もお届けしたいと思います。



同じく9/24です。遠くから見るとまだそんなに目立つ感じではありませんね。富有柿は柿の中でも後半の品種ですのでまだ青いですが、早生はもう収穫が始まっている品種もありますね。富有柿はあと1ヶ月半~2ヶ月かけてゆっくり色づいていきます。黄色、オレンジ、朱色と変わっていくのは、1年かけて育ててきた柿のハイライトです。楽しみであると同時に、病害虫や台風に負けず無事に育ってくれと強く願います!

ということで、9月までの生育状況をお伝えしました。今年は近年では収穫量や生育状況はいい方だと思います。ただ、先に申しましたように炭疽病やカメムシ、台風に関してまだ不透明なことが多いため、予約販売は最初は少な目で行こうと思っています。予想以上に豊作だったといえることを切に願っています!

さて、コロナの感染者集もだいぶ減ってきて、ようやく緊急事態宣言も解除されそうになってきました。先の見通しはよくわかりませんが、感染者数が減ってきたのはいいことだと思います。何でもかんでも以前のようにはいきませんが、できる中で楽しみを見つけながら暮らしていこうと思っています。それでは皆さん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com

今年の予約販売は9/25(土)の15時よりスタートします!よろしくお願いいたします^^

みなさん、こんにちは! でらうま柿農園 富有柿.comです!

今年もあっという間に月日は流れ、もう9月です。あれだけ騒がしかった蝉の鳴き声もいつの間にか止み、夜は鈴虫の鳴き声がします。まだ日中は暑いですが、夜の風はひんやりとしています。今年はちょっと早めに秋に入りそうな感じがしますね。

さて、まずはお知らせです。今年の富有柿の予約販売は9/25(土)の15時からスタートします! 先月からたくさんのお問い合わせをいただきました。ありがとうございます。今年も冬の剪定や施肥に始まり、春の摘蕾、夏の摘果など、1年かけて大切に育ててきました。そんな柿達をどうかよろしくお願いいたします!

昨年は小さくて数も少なかった不作の年でしたが、今年はやや大きめで、今のところは順調に育っています。カイガラムシが少し出ておりますが、毎年たくさんの被害を受けるカメムシは現時点では少なそうです。まだ2ヶ月以上あるので断言はできませんが、今年はそこそこの出来栄えになりそうです! そんな生育状況もたくさんの写真と一緒にお伝えしますので、今年の柿畑の様子をご覧ください。



8/19です。前回のブログ更新が8/9でしたが、それからお盆明けの8/20過ぎまではとても雨が多かったです。まるで梅雨末期のような土砂降りが何回もありました。日照量が減ったり病害虫が増えるのではないかという懸念があります。天候ばかりはなかなか思うようにいきません(^^; ただ、8月に入っていたので生理落果はほとんどなくてよかったです^^

さて、コロナの感染者数が全国的にどんどん増え、我が家でもお盆はほとんど出かけることなくHPの修正などをしていました。前からやりたかった修正がようやくできました! 少しわかりやすくなったと思いますが、気付きましたでしょうか?



8/25です。雨が上がったと思ったらまた真夏のような暑さに戻りました(笑) 畑では台風対策の支柱を立てたり、カラス除けのヒモを張ったり、といった最後の作業に入ります!



8/27です。8月は果実の大きさはあまり変わらないのですが、それでも大きなものはそれなりに大きくなっています。太陽の光をたっぷり浴びて、どんどん大きくな~れ!



8/29です。草刈作業中です。草の生育は本当に旺盛でして、1ヶ月もすると腰くらいの高さになってしまいます。



同じく8/29です。9月に入ると最後の生育ステージに入ります。その切り替わりにとって大切なのが、9月の気温です。気温が下がってくると柿の着色スイッチが入るのですが、残暑が続くとなかなか着色が進まなくなり、収穫は遅れます。しかも生育期間は長いのに、サイズは小玉傾向となり柿農家にとってはあまり嬉しくありません(^^; 近年は残暑が続くことが多く柿農家泣かせでしたが、今年はどうなるでしょうか・・?



9/2です。幹の周りを肩掛けの草刈り機で刈ると、このようにスッキリします。今年はまだ台風が来てないので支柱は少ししか立てていませんが、重みで垂れ下がってきます。これから数日かけて、すべての畑に支柱を立てます。また、カラスの被害が多い畑では糸を張っていきます。今年もカラスはたくさん飛んでいます。富有柿はまだ少ししかやられていませんが、少ししか作ってない太秋という早生品種は半分以上食べられてしまいました・・・(^^;



9/7です。支柱を立ててカラス除けの糸を張る作業もほぼ終了しました。黄色く見えるのは軽く日焼けしているからですが、遠くから見てももう大きくなっているのがわかりますね!



同じく9/7です。大きなものはもう手のひらいっぱいに近いサイズです。さて、先ほど9月の気温で着色スイッチが入って最後の生育ステージに入るというお話をしました。そのスイッチは1日の平均気温が23度を下回ると入ります。岐阜地方気象台のHPによると、岐阜市の9/3と9/4の平均気温が23.3度と23.2度でした。微妙ですね(笑) この日にスイッチが入ったのかどうかわかりませんが、予報を見ると明日(9/8)は雨で最高気温が24度、最低気温が19度となっています。となると、明日にはほぼ確実にスイッチが入ります。これは近年では早めです。ということは、今年は大玉傾向で、収穫も多少は早くなるのではないかと思われます。まぁあくまで可能性が高いということなので、ぬか喜びせず気を引き締めていきたいと思います。また次回のブログでお伝えします!

ということで、8月~9月初めの生育状況をお伝えしました。今のところの生育状況は、近年ではよい方だと思うので楽しみです^^ そんな岐阜県本巣市の後藤柿農園の富有柿をよろしくお願いいたします! 予約販売の受付開始は9/25(土)の15時からです!

それでは今日はここまでです。コロナも少し減ってきた地域が増えてきましたが、以前と比べたらまだかなり多い人数ですね。もう少し落ち着いてくれるといいのですが、どうかお気を付けください。それでは皆さん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com

摘果終了!今年の柿はやや大きめになりそうです(2021/8/9)

みなさん、こんにちは! でらうま柿農園 富有柿.comです!

8月に入りました! 今年も暑い夏を迎えておりますが、いかがお過ごしでしょうか? さて、まずはお知らせです。今年も柿の予約販売を9月下旬より開始する予定です。まだ8月だというのに、既に何件かお問い合わせをいただいております。本当にありがとうございます。柿農家としてとても嬉しいです^^ 9/18か9/25のどちらかになると思いますが、8月下旬までにはHPで告知いたしますので宜しくお願いします!

さて、それでは7月上旬~8月上旬の作業や生育状況を写真とともにお伝えします。楽しんでいただけたらと思います!



7/10です。いきなり肥料の写真ですいません(^^; この日、追肥を行いました。追肥は梅雨明け頃に行いますが、大切なのは雨の見極めです。せっかく肥料を撒いても、梅雨明け後にしばらく雨が降らず土が乾いてしまうと溶けていきません。逆に、あまり激しく降ると肥料が流れてしまいます。完全にはわからないことですが、今年も梅雨末期の小雨が降る前を見計らって、追肥を行いました。タイミング的にはばっちりでした♪



7/16です。厚みもある腰高な柿に育っていますね。梅雨も明け、生理落果はそろそろ止まったと思われましたので、7/13より摘果を始めています。もちろん今年も生理落果はそれなりにありましたが、昨年よりは少なく済んでいるように思います。また、カメムシも今年は少なそうなのは一安心です^^



7/19です。連日35℃くらいで暑いですが、今年は空調服を買ったので去年までと比べると体感や汗の量が全然違います! まさに文明の利器で、こんなに違うとは思いませんでした^^ さて、摘果は最後の選抜となります。この柿たちがお客様の元へ届けられる柿になりますね!



7/23です。雨が1週間降っていないので、畑に水を入れています。夕方に用水の栓を開けておくと、朝にはたっぷりと水が入ります。他の柿畑や田んぼも水を入れるので、朝には流れが変わっていて水が来ていないことがよくあります。今年は2日目でたっぷりと入りました(^^♪



7/25です。用水から入らない畑は、ポンプで水を入れます。摘果を夕方までやって、それからホースを連結して水を撒きます。重くて大変ですが、木の周囲にたっぷりと水をやることで柿も元気になりますね。



7/25です。茶色い虫の糞があります。これは樹幹害虫といって柿の枝を食べてしまう虫の糞です。これが今年は多い気がします。消毒やフェロモントラップも設置しているのに、既にたくさんの枝が折れています。そのため、摘果をやりながらこの糞を見つけたらその周囲を削ります。幼虫を退治することで、少しでも次の被害を減らすことができます。



こちらはフジコナカイガラムシです。今は白いですが、この虫の排泄物にカビなどが生えて真っ黒に(すす病といいます)なってしまいます。もちろん商品価値はゼロです。今年はこのカイガラムシも多いです・・・( ;∀;) ヘタの裏側に入って卵を産んで増えていくので、見つけたものは切除し、念のため他の畑に穴を掘って捨てています。ほとんどの柿を切除した木も数本あり、全部で軽く1000個は破棄しましたがまだ増えちゃうでしょうね。温暖だったことや早い梅雨入りで消毒のタイミングが合致しなかったのかもしれません。県内の他地域では、ヘタムシが大量発生してほぼ全滅したところもあるそうです(-_-;) 今年はカメムシが少なくてホッとしていたのですが、まだまだ安心できないです。



7/28です。摘果も後半に入ってきました。連日35℃くらいの日が続きますが、以前のような38~39度といった暑さはまだありません(^^; あまり暑すぎると柿も呼吸でエネルギーを消費してしまうので、今年の天候はまずまずなのではないかと思います。



8/4です。すでに2L~3L近いものもありますね。今年は去年と比べるとやや大き目な柿が多いように思います! 摘果で柿を切除するときも、どれも立派な柿だと全部残したくてすぐ切れません。泣く泣く切除しています。その分、さらに大きく美味しくなってくれると思います^^ 8月に入ると果実の肥大は一休みとなり、次の肥大は9月半ばからとなります!



8/8です。今年1番暑い日でした。県内の多治見で40度といってましたが、岐阜市や本巣市も38度くらいあったのではないかと思います。昼休憩を少し長く取りました。摘果が無事に終わりました!

ということで、夏の大切な作業である追肥や摘果は終わりました。8/9は台風が接近したことで朝から風が強かったです。多少は枝も折れていると思いますが、被害が少ないことを願っています。今後は支柱を立てたりHPの更新などを行いながら、今年の販売計画を練りたいと思います。今年もどうかよろしくお願いいたします!

さて、東京五輪は予想以上に盛り上がって、やってよかったと思いました。しっかり家でTV観戦し、アスリートの皆さんの活躍を見ることができました。一流の競技を楽しむだけでなく、歓喜の表情や無念の涙など、何年間も一生懸命にやってきた選手のことを思うと、心を揺さぶられる場面がたくさんありました。また、ライバルとも共感しあい、尊敬しあう姿もよかったです。桑田佳祐さんのテーマ音楽も最高でした♪ 選手や関係者の皆様に感謝します。ありがとうございました。パラリンピックも楽しみにしています^^

ただ、コロナは急増してまた心配な状況になっていますね。いつ元の生活に戻れるのかはわかりませんが、感染対策はしっかりやりながら今の状況でも楽しめることをやりたいです。暑い時期なので熱中症にも気を付けないといけませんね! それでは皆さん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com

梅雨も終盤で、いよいよ摘果など夏の作業が始まります!(2021/7/9)

みなさん、こんにちは! でらうま柿農園 富有柿.comです!

2021年も7月に入りまして、今年も半分が過ぎました。早いですね~(^^; 岐阜では6月下旬から雨が降り続き、同時に蒸暑い日々が続いています。それでも天気予報では来週から晴れマークが多いので、梅雨明けも近づいていますね。コロナや自然災害など、人間にコントロールできないこともたくさんありますが、とにかく日々を大切にしたいと思う今日この頃です。

さて、それでは7月上旬までの生育の様子をお伝えします。前回、とっても小さな柿の赤ちゃんを紹介しましたが、生育の様子や今年の概況などをお伝えしたいと思います。



6/15です。ちょっとピントがずれちゃってますが、順調に生育している柿は果実がどんどん大きくなっています。しかしよ~く見ると、右側は果実が取れてしまってますね。これが生理落果です。柿栽培で特に困る現象です。生理落果は毎年それなりに発生しますが、昨年は非常に多かったです。そのため、産地としてもかなり不作となりました。生理落果の原因や対策はいろいろありますが、日照不足に関しては自然任せなので限界があります。今年は開花時期に梅雨入りしたので、受粉不良と日照不足による生理落果はとても心配な状況でした。さぁどうなるのでしょうか?



6/17です。枝がボキッと折れています。毎年この時期になると、どしゃ降りや強風でこのように枝がたくさん折れます。樹幹害虫に食害された枝なので、残っていてもいい柿は育ちませんが、たくさん折れているとショックですね。今年はまだそれほど多くはありません^^



6/21です。果実がどんどん大きくなっています。6月~7月いっぱいが一番生育する時期ですので、あっという間に大きくなります。梅雨の合間ですが、たまの晴れ間に撮影するとキレイに撮れてテンションも上がります!



7/3です。もうヘタの幅を超えるほどに育ってきました! ここまでくると柿っぽい形になってきますね。



同じく7/3です。枝も葉っぱも色が濃くなってきて、大人になってきました。蒸し暑い日が続きますが、順調に生育しています。今年は特に早くもなく遅くもなく、平年並みの生育スピードです。



7/9です。手と比べると果実がまた一回り大きくなったがわかると思います。ムクムクと大きく育っていく柿を見ると、こちらも嬉しい気持ちになります^^ 収穫まではまだいろんな障害が待ち構えておりますが、無事に乗り越えて育っていってほしいと思います!



同じく7/9です。畑を見回りしてきました。生理落果で落ちた柿です。青々としているのは落ちたばかりの果実なので、まだ生理落果が止まってないのがわかります。けっこう落ちていますが、今のところは平年並みか、やや多め程度だと思います。このくらいであれば収穫量は大丈夫だと思います。生理落果の原因は様々ですが、梅雨後半の土砂降りの雨のときによく落ちる傾向があります。7月に入ったのでそろそろ摘果という最後の選別を始めますが、生理落果が止まるまでしっかり待たないと選別してから柿が落ちてしまい収穫量が激減することがあります(去年のように・・)。美味しくて大きな柿作りには早めの摘蕾摘果が大切ですが、落ちてしまったら元も子もありません。ということで、今年の摘果は晴れマークが多くなる来週のどこかでスタートすることになりそうです。



同じく7/9です。雨や曇りが続いて、柿たちはお腹を空かせていると思います。来週からは日差しも回復しそうなので、光合成をたっぷりして、美味しいご飯を食べられると思います^^ そして、摘果ではこのように残っている柿の中から、最後の選別をします。摘蕾で残した柿をさらに1/3ほどを切除します。できるだけ大きくて、傷のないものを残します。7月の作業となるため、猛暑の中でやらねばなりません。毎年、暑くて休憩ばかりしていましたが、今年は空調服を買いました。例年よりは速いペースでやれるのではないかと思います!

ということで、今年の柿は大きな問題なく育っています。7月は追肥をやって、摘果、水やり、そして台風対策の支柱を立てるなどといった作業があります。真夏の作業が多いですが、立派に育て、お客様のもとへ無事に届けられるよう頑張りたいと思います!

さて、オリンピックは多くが無観客となりそうですね。いろんな立場から、様々な意見があると思います。何をどうやっても批判があるので難しいところだと思いますが、競技される選手のことは心から応援したいと思います。それでは皆さん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com

今年の柿の赤ちゃんを紹介しますよ~!(2021/6/13)

みなさん、こんにちは! でらうま柿農園 富有柿.comです!

6月も半ばになりました。今年も気が付けばもう半分近くを過ぎました。早いですね・・(^^; 梅雨らしいジメジメした天気になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、春から生育を始めた今年の柿ですが、4月下旬より摘蕾(蕾の数を減らして、残った果実に養分を集める作業)を始めました。前回のブログでは4月下旬~5月下旬の開花までをお伝えしましたが、今回はその続きです。開花が終わるとついに今年の柿の赤ちゃんが顔を出します。花から果実がどうやって顔を出すのか気になりますね。そんな様子をお届けします!



5/18です。5/16に梅雨入りしまして、天気予報は雨マークがずらりと並んでいました。摘蕾はまだ終わってませんので、雨の合間に少しでも進めます。時折日差しが入ると、こうやってキレイな花を写真に収めたくなります♪



同じく5/18です。今まさに開こうとしている柿の花です。開花はかなり増えてきましたが、16日、17日は一日中雨で、18日も夕方から19日の昼まで雨でした。柿の花は開花して4日ほどが受粉適期です。果たして無事に受粉できているのかとても心配しながら摘蕾を進めました。



5/19です。雨は昼過ぎに上がったので、3時間ほどですが摘蕾を進めました。葉っぱに雨が残っているため、水が垂れてきてびしょ濡れになりますが、ようやく摘蕾1周目の終わりが見えてきました(^^♪



5/22です。5/21はかなりの土砂降りとなりました。今年は開花最盛期に雨がとても多く、私にとっては初めての経験です。雨の合間に摘蕾をしているときでもミツバチは飛んでいましたが、果たして受粉ができているのかどうか。また、日照量の不足と雨による水ストレスが多いため、今年も生理落果が増えるのではないかととても心配しています。まぁ農業をやっていれば天候に関する心配は尽きませんが、今年もミツを吸いに来たミツバチを何とか撮影できました! 曇り空だったのが残念~。



同じく5/22です。この日は久しぶりに一日作業しました。夕方には日も差してきて、いい写真が取れました。さて、この写真のように柿の花は1週間ほど経つと徐々に茶色くなって枯れていきます。さぁ、ここからどうなると柿の形になるのでしょうか。想像してみてくださいね^^



5/23です。夕方に摘蕾の1周目が無事終わりました。父と二人だけでやりましたが、いいペースで回れました。そして2周目に入ります。2周目では遅れ花(孫花)を取ることと、もう一度すべて回ってやり忘れがないか確認します。遅れ花というのは、写真のように残した蕾の先に出てくる蕾のことです。遅れ花は摘蕾の序盤だと小さすぎて取れません。5月前半に摘蕾をやっていた畑にはたくさん残っているため、どんどん取っていきます。



5/25です。花がだいぶ茶色くなってきました。この花はもう少しすると自然に取れます。そして、花が落ちるとそこには・・・



5/28です。出ました! 柿の赤ちゃんがこのように顔を出してきます。指と比べるとわかりますが、5ミリくらいしかありません。とっても小さな柿の果実です。カワイイですね(^^♪ さて、ここで開花中の写真に戻って、花の奥をよ~~く見てください。花の中からも柿の赤ちゃんが少しだけ顔を出しているのがわかりますね。こんなふうに柿の果実は生育していきます。



5/29です。柿の果実は開花から1ヶ月ほどは細胞分裂で大きくなっていきます。摘蕾で残した果実に栄養がどんどん集まり、大きく甘い柿が育ちます。また、摘蕾の見直しも遅れ花が多い畑はほぼ終了しました。見直しも含めると、過去で最も早いペースで回れたように思います。ちなみに、摘蕾の2周目は遅れ花を取るのが中心なので速く回れますが、一日中、脚立の昇り降りばかりしているのでとっても疲れます。少しでも早く終わらせるため、頑張りました^^



5/30です。早く回れたのは頑張ったからだけではなく、摘蕾前に草刈をやったからだと思います。昨年までは草生栽培で草を残していましたが、草が腰の高さにもなってしまい移動するだけでも大変でした。いつも摘蕾をする前に、草を踏んで倒していましたから・・・。おかげで移動がとても楽にできて作業がはかどったのですが、1ヶ月経ってまた生えてきました。摘蕾の見直しがひと段落したので、再び草刈をしました。



6/6です。根元付近までキレイに刈ってスッキリしました^^ もちろん、また1ヶ月後には元に戻っています(笑) 草の生命力はほんとスゴイですね!



1日戻って6/5です。果実がどんどん大きくなってきましたね! 柿は5月下旬の開花から、7月いっぱいまでが果実の生育の第1ステージです。10日で倍くらいの大きさになります。雨で少し畑に行ってないと、びっくりするほど大きくなっています。



6/11です。摘蕾の見直しも5月中にほとんど終わりまして、休養したり他の仕事に行っていました。見直しが残っていた最後の畑で、取った柿の果実を切ってみました。ちゃんと種が入っていますね!! この日、何個か中を見ましたが、ちゃんと種が入っていました。つまり受粉は無事にできていたようです。受粉できていない柿は生理落果で落ちやすいため、ひとまずホッとしました。雨の中飛び回っていたミツバチさんありがとう!!^^ あとは日照量と雨ですね。すでに生理落果はポツポツと始まっていますが、今週から雨予報が続いています。太陽が出なくて雨が続くのも生理落果の原因なので、「何とか落ちずに頑張って」と祈っています。



6/12です。大きめのものは親指の爪より大きくなってきました。緑色だった枝も茶色くなりつつありますね。梅雨の合間の日差しをしっかりと受けて、どんどん育ってほしいと思います!

という感じで、5月半ば~6月半ばの1ヶ月の柿畑の様子をお届けしました。この時期は開花や果実の生育が始まってとても変化の多い時期です。楽しんでいただけたらと思います。この先は追肥や最後の選別である摘果という作業があります。近年は豪雨や猛暑により木が弱っており、生理落果がとても多い傾向にあります。そのため、摘果をあまり焦って早くやらず、生理落果が落ち着くのを見極めてからスタートしようと思います。

さて、コロナの4波も新規感染者数が減ってきて、ようやく少し落ち着いてきたように思います。平穏な日々に戻れるのはまだもう少しかかりそうですが、健康と楽しみのバランスを取りながら出来る範囲で楽しく生活していきたいですね。それでは皆さん、ごきげんよう(^^)/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村


農業・畜産 ブログランキングへ

————————————————————————————————
富有柿発祥の岐阜県より、採れたて富有柿をお送りします
後藤柿農園の産直・通販サイト でらうま柿農園 富有柿.com